トップニュース

日本のキシダは、インドを含む4カ国がウクライナへの懸念を共有していると述べた。

東京、5月24日(ロイター) – インドのナレンドラ・モディ(Narendra Modi)など4カ国首脳が東京で開かれた会議でウクライナ事態に対する懸念を表明したと岸田文夫(Kishida Fumio)日本首相が火曜日明らかにした。

続いて「4人の首脳は、ウクライナの事態がインド・太平洋地域に及ぼす影響について率直な議論をした。と言われると言った。

Kishidaは、Modi、Joe Biden、米国大統領、新しく選出されたAnthony Albaneseオーストラリアの首相を含むQuadサミットの後にコメントしました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

モディ首相を含む4人とも、法治、主権、領土保全の重要性にも同意したと言うという。

インドは米国が主導するロシア制裁に対する支援不足とウクライナ侵攻に対する非難で米国を挫折させた。

モスクワはウクライナでの軍事行動を「特殊作戦」として説明しています。

インドは近年、米国との緊密な関係を発展させ、中国に対抗するためのQuadグループの重要な部分を占めてきましたが、国防機器や石油供給の主要サプライヤーとして残っているロシアとも長い関係を維持しています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

清吉高中の報告。 David Dolanによる投稿。 Kim Coghillの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の再生警報54 | Orrick、HerringtonとSutcliffe LLP

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close