日本のクリケット選手がドバイのおもてなしに圧倒されました – ニュース

Estimated read time 1 min read

ドバイのGフォースクリケットアカデミースタジアムで日本主張ハードグレーブ安倍浩二(左)とオフスピナー平塚翔太郎。 — 写真 Rituraj Borkakoty

公開日: 2023年12月8日金曜日、午前12時08分

日本の19歳以下のクリケットチームがドバイに12時間旅行するために飛行機に乗った火曜日の夜、東京はとても寒かったです。

野球を愛する国のこの野心的なクリケット選手たちはドバイで開かれる19歳以下アジアカップ(12月8~17日)を控えて暖かい天気に数安打を打ちたくて残念を感じました。

しかし、彼らの心を暖かくしてくれたのは、ドバイのGフォースクリケットアカデミー監督であるGopal Jasaparaと有名なクリケット愛好家のShyam Bhatiaが、彼らのトレーニング施設を無料で提供するために努力した暖かさでした。

東京で長い飛行を終えてホテルにチェックインしてわずか2時間で、日本のクリケットチームはドバイ・アル・ザダフにあるG Force Cricket Academy施設で初めて試合を開始しました。

元ジンバブエのファーストクラスのクリケット選手であり、現在19歳以下の日本代表チームのチーフコーチであるアルデン・ルホーデ(Ardene Ruhode)は、言葉を失いました。

「私たちは彼らにどんなに感謝しても足りません。 飛行機から降りて、何でも私たちを助ける準備ができている人を置くことが私たちにとって最も理想的なことです」とRuhodeは言いました。 カーリーズ・タイムズ 彼のワードが高い漁獲量を獲得し始めた。

日本U19代表チーム選手およびコーチングスタッフと共にいるゴパールザサパラ(左2回目)、サイアムバティア(右4回目)

日本U19代表チーム選手およびコーチングスタッフと共にいるゴパールザサパラ(左2回目)、サイアムバティア(右4回目)

Ruhodeは、クリケットがまだ日本の初期段階にあるため、彼のチームが故郷の適切なクリケット施設で練習することはほとんどないと述べました。

「選手たちは本当に感謝し、良いヘルムと外野手を見ています。 これらの少年たちは日本の故郷にある芝生改札を多く見ることができません。 しかし、バティアやゴパールのような人々の場合、物語は変わります」と彼は言いました。

「Bhatiaはまた、日本の草の根クリケットのために多くのことをしてきました。 彼はゲームの偉大なサーヴァントの一人です。 だから本当に感謝し、今後も継続的な支援を願っています。」

アルデネ・ルホーデ監督

アルデネ・ルホーデ監督

1975年から毎回50回ワールドカップに出場したクリケット愛好家である81歳のバティア(Bhatia)は、水曜日にもスタジアムに走り、ドバイで開かれるアジアカップの幸運を祈りました。

「私は月を超えました。 アジアカップのためにここで彼らに会うことは本当に幸せです。」 最近、インドワールドカップでゲームを世界的に広報するための絶え間ない努力として、ICC(国際クリケット協議会)から表彰を受けたBhatiaが語りました。

父がニュージーランド出身の日本19歳以下代表チームの主張ハードグレーブ・アベゴジ(Koji Hardgrave Abe)もバチアとザサパラに帽子を脱いだ。

「それは彼らの素晴らしいジェスチャーです。 このような施設で訓練して改札に乗ることは本当に楽しいことです。 この改札はすごいです。 私たちは皆とても感謝しています」と安倍氏は言った。

ネットにボールを投げる日本投手

ネットにボールを投げる日本投手

打者が前足シュートをしている。

打者が前足シュートをしている。

歩く

安倍首相は、日本からクリケットが行く道が遠いことを認めながらも、日本クリケット協会の努力と混合遺産を持つ選手たちが日本にもたらすクリケット文化のおかげで印象的な進展があったと述べた。

「母が日本人だから私は混血です。 しかし、私は3歳の時からニュージーランドに住み、そこでクリケットを愛するようになりました。

「このチームのうちの6人は混血人です。 確かにチームに役立っています。 私はニュージーランド出身で、4人の男の子は半分はオーストラリア人、半分は日本人です。 もう一つの少年(トモリア)は半分はイギリス人です。 多くの助けになります。

「これらの男の子はゲームの競争的性質を知っています。 これはまた、日本の少年たちに学ぶ良い機会を提供します。 素晴らしいチーム文化です。」

3番打者はテストプレイチームであるバングラデシュ、スリランカ、開催国UAEとB組に属しているアジアカップが良い学習経験になると語った。

彼は「私たちに大きな期待はないが、グループとして今回のトーナメントを通じて多くのことを学べるだろう」と話した。

「しかし、私たちは瞬間があるときにそれを活用したいと思います。 私たちが勝利できる場所にいるなら、それを見逃したくありません。」

引き続き上昇

クリケットがしばしば日本のメディアで脚注として扱われている状況では、挑戦を克服することは困難です。

しかし、ルホーデ監督はこの試合が結局日本で足場を設けると確信している。

「見て、サッカーと野球は日本最大のスポーツです。 しかし、私たちは現在、特に草の根レベルでかなりうまくやっているようです。 期待されることが多い」と話した。

父親がイギリス人のトモリアは、チームで混合遺産を持つ6人の選手の一人です。

父親がイギリス人のトモリアは、チームで混合遺産を持つ6人の選手の一人です。

「このチームには有望な選手が数人いますが、オフスピンボウリングをする平塚翔太郎がいて、ミドルオーダーでもとてもよく打つ選手がいます。 安倍船長は本当にいい打者だ。 それから荒川千早はとても良いウィケットキーパーであり、打者です」

人材プールはそれほど大きくはありませんが、Ruhodeは現在クリケットをしている日本の子供の数がますます増えていると言います。

「私たちの選手の6人は混合された遺産を持っています。 海外に拠点を持つ選手たちです。 しかし、私たちのチームの核心は日本人です。 ますます日本の子供たちがクリケットを始めたからです」と彼は言いました。

「今、私たちに今回のアジアカップ出場資格を得ることは大きなことです。 次に重要なことは、いくつかの試合で勝利し、最高のチームと競争しようとすることです。

「今回のアジアカップが今後多くの成功の始まりになりますように」

READ  WBC検挙:日本、8強進出スポーツ

また読んで下さい:

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours