日本のクリケット選手がドバイのおもてなしに圧倒されました。

Estimated read time 1 min read

日本の19歳以下のクリケットチームがドバイに12時間旅行するために飛行機に乗った火曜日の夜、東京はとても寒かったです。

野球を愛する国のこの野心的なクリケット選手たちはドバイで開かれる19歳以下アジアカップ(12月8~17日)を控えて暖かい天気に数安打を打ちたくて残念を感じました。

しかし、彼らの心を暖かくしてくれたのは、ドバイのGフォースクリケットアカデミー監督であるGopal Jasaparaと有名なクリケット愛好家のShyam Bhatiaが、彼らのトレーニング施設を無料で提供するために努力した暖かさでした。

東京で長い飛行を終えてホテルにチェックインしてわずか2時間で、日本のクリケットチームはドバイ・アル・ザダフにあるG Force Cricket Academy施設で初めて試合を開始しました。

元ジンバブエのファーストクラスのクリケット選手であり、現在19歳以下の日本代表チームのチーフコーチであるアルデン・ルホーデ(Ardene Ruhode)は、言葉を失いました。

「私たちは彼らにどんなに感謝しても足りません。 飛行機から降りて、何でも私たちを助ける準備ができている人を置くことが私たちにとって最も理想的なことです」とRuhodeは言いました。 カーリーズ・タイムズ 彼のワードが高い漁獲量を獲得し始めた。

Ruhodeは、クリケットがまだ日本の初期段階にあるため、彼のチームが故郷の適切なクリケット施設で練習することはほとんどないと述べました。

「選手たちは本当に感謝し、良いヘルムと外野手を見ています。 これらの少年たちは日本の故郷にある芝生改札を多く見ることができません。 しかし、バティアやゴパールのような人々の場合、物語は変わります」と彼は言いました。

「Bhatiaはまた、日本の草の根クリケットのために多くのことをしてきました。 彼はゲームの偉大なサーヴァントの一人です。 だから本当に感謝し、今後も継続的な支援を願っています。」

1975年から毎回50回ワールドカップに出場したクリケット愛好家である81歳のバティア(Bhatia)は、水曜日にもスタジアムに走り、ドバイで開かれるアジアカップの幸運を祈りました。

「私は月を超えました。 アジアカップのためにここで彼らに会うことは本当に幸せです。」 最近、インドワールドカップでゲームを世界的に広報するための絶え間ない努力として、ICC(国際クリケット協議会)から表彰を受けたBhatiaが語りました。

父がニュージーランド出身の日本19歳以下代表チームの主張ハードグレーブ・アベゴジ(Koji Hardgrave Abe)もバチアとザサパラに帽子を脱いだ。

「それは彼らの素晴らしいジェスチャーです。 このような施設で訓練して改札に乗ることは本当に楽しいことです。 この改札はすごいです。 私たちは皆とても感謝しています」と安倍氏は言った。

著作権©2022 Khaleej Times。 すべての権利を保有。 SyndiGate Media Inc. 提供(Syndigate.info)。

READ  Goldschmidt、Bucs、5-4 Cardsリードニュース、スポーツ、採用情報
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours