技術

日本のグリーン成長計画は、企業が環境に焦点を合わせるように推進



2020年12月13日、パリの気候協定5周年を迎え、世界の指導者たちとのオンライン会議で上映した菅義偉首相の事前録画映像が公開される。 (写真提供:国連/教徒)

東京(教徒) – 菅義偉首相が2050年までに、日本の二酸化炭素排出量をゼロと約束しながら、より多くの日本企業が地球温暖化の抑制に大きな貢献をすることができる方法を模索しています。

投資家が企業の環境問題、持続可能性とガバナンスを解決する方法を綿密に調査することにより、日本の会社は伝統的に主要な収益源として、天然資源への依存度を減らすことによって、ビジネス戦略を検討しています。

Itochu Corp.は脱炭、消化を促進するための努力の一環として、コロンビア炭鉱株式20%を、残りの80%を所有している米国の石炭生産企業Drummond Company Inc.に売却しています。

伊藤忠は、環境問題の解決へのコミットメントを強調するために日本の会社で初めての4月ごろまでの海外投資家を対象に、SDG債券発行を準備している会社の関係者は語った。

詳細はまだ明らかにされなかったが、造成される資金は、他の緑の取り組みの中で、再生可能エネルギーを促進するために使用されるものと見られる。

これらの債券は、気候変動の貧困に至るまで、さまざまな問題を解決するためのUN持続可能な開発目標を達成するのに役立ちます。

ItochuだけCO2排出量削減に、より多くの関心を傾けるのはありません。 日本のもう一つの貿易会社であるMitsubishi Corp.は、カナダのCarbonCure Technologies Inc.に投資して、日本とアジアの他の地域の建設産業における低炭素コンクリートを促進しました。

CarbonCure Technologiesは、リサイクルされたCO2を、新しいコンクリートに注入する技術を保有しており、これにより、鉱物化過程を経て、さらに強くなります。

コンクリートの核心成分であるセメント生産はCO2排出の主な原因の一つです。

Teikoku Databank Ltd.の最近の調査によると、温室効果ガスの排出を抑制しようとする努力を社会的企業責任の一部とみなさたり、利害関係者との「良好な関係」を構築するために必要であると考えている企業の割合が中小企業よりも大企業でより高かった。

しかし、回答者の43.4%は、日本が2050年までにカーボンニュートラルを達成するためには、「難しい」と答え17.9%は「不可能」だと答えた。

11,479社の企業が回答したアンケート調査によると、15.8%は目標を達成することができると答えた。

ケイダンレン(Keidanren)として知られて、日本の強力なビジネスロビーの日本企業連盟(Japan Business Federation)は、カーボンニュートラルの達成を大きな課題に思っ水素、電気自動車や新たな技術革新の使用を奨励し、これを解決しなければならない必要性を強調してています。

川崎重工業(Kawasaki Heavy Industries Ltd.)は、オーストラリアで太陽光や風力などの再生可能エネルギー源を使用して生産と液化された水素を輸送と流通することができる可能性を研究し始めました。

このような努力の一環として、Kawasaki Heavyは、オーストラリアのFortescue Metals Groupと日本の液化水素供給メーカーであるIwatani Corp.と協力して、2025年までに決定を下すことができるよう計画の事業の妥当性を検討しています。

近年、日本では、代替エネルギー源として水素を使用を奨励してきたが、インフラの構築は、依然として厳しい課題です。

川崎重工業の関係者は「今後、水素の需要がどのように増加するかどうか見守らなければならないだろう」と述べた。

消費者にペットボトルのリサイクルは環境保護に貢献できる一つの方法になることがあります。

Aeon Co.はスーパーマーケットで収集したペットボトルを新しいものに変えて「Topvalu「個人ブランドで使用する実験を計画しています。

日本の小売業者は、2030年までに100%リサイクルまたは植物ベースのPETボトルの使用を目標として設定しました。

Aeonによると、2019年会計年度に約11,982トンのPETボトルが店頭で収集された。この病気をリサイクルして、新しい病気に再作成Aeonが毎年、個人のブランドで製造されているすべての病気を大まかに覆うことができるということを会社関係者が述べて。 。

裁判は、まず、東京とその周辺県をカバーします。

関係者は、「脱炭消化のための推進力が構築されており、これがチャンスだと思います。」と言いました。

READ  KDDIクラウドゲームサービス「GeForce NOW」の正式サービスを開始

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close