経済

日本のグローバルリーダーシップギャンビット – 外交官

QuadからNATOへ、G-7からG-20へのファンデミック休止後、サミットのシーズンが始まり、日本は果敢なリーダーシップを見せています。 国際社会がインド太平洋とヨーロッパの大西洋全域でのルールベースの秩序への挑戦と取り組みに伴い、東京はソリューションを提供することにしました。

安倍以来、日本が世界の舞台で同じ戦略的影響力を行使するかどうかの初期の推測とは異なり、今日の日本は世界の舞台で新鮮な自信と決断力を示しています。 地球地政学と地政学の構造変化を考えると、日本はそうではありません。

岸田と安倍の性格と派閥政治の微妙な違いにもかかわらず、力の支配が法の支配を支える日本のために、より果敢な役割を果たそうとする彼らの野望が共通点であるという事実を見ると安心できます。 しかし安倍時代以降変わった点はロシアのウクライナ侵攻で国際史で変革の瞬間だ。

より緊急の場合、関連する質問は同じままです。 ルールベースの命令が異議を唱えるとき、日本はどのように対応するのでしょうか。 東京の答えは「平和のための岸田ビジョン2022年のシャングリラ会話で明らかになった。 修辞学を超えて政策の議論がどれほど真剣ですか?

安倍首相は、日本を重要な国際対話で価値、規則、原則の標準保有者として位置づけ、 二つの海の合流 そして 民主党セキュリティダイヤモンド、自由で開かれたインド太平洋(FOIP)とクアッド(Quad)のための道を拭きます。 安倍政府で最長期外務相を歴任した岸田は、時間が経つにつれて自信のある強国で日本の地位を高めるという明確な意図を持つ賢い指導者として成熟しました。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 月に5ドルを出すだけです。

岸田にとって、それは規則に基づく国際秩序を守るのと同じく、安倍のそびえ立つ国際的名声を超えて自分の遺産を構築することです。 そのため、キシダはFOIPを次のレベルに引き上げることを目指し、日本が分かれ道に立っている間、自身の「平和のためのビジョン」と「新時代のための現実主義外交」を注ぎ出しています。 東京の顔 3本のワイヤー 中国、北朝鮮、そして現在のロシアとの北東アジアの安全保障において、醸造中の中国-ロシアの連結とそれが勢力バランスに及ぼす影響は言うまでもありません。 印象的な大衆と 承認クラス 自宅でのキシダは、来る参加者の選挙にもかかわらず、堅固な基盤で運営されています。

ファンデミックによるサプライチェーンの崩壊とともに、中国とアメリカの戦略的競争が東京にとって困難な選択となったのに対し、ウクライナはリーダーシップのリトマス試験を提示しました。 日本のグローバル経済リーダーシップは、環太平洋経済コンパニオン協定(CPTPP)、地域包括的経済コンパニオン協定(RCEP)、および最新のインドで見られるように、アジェンダの設定と規則の形成における日本の積極的な役割ですでに確立されています。 -太平洋経済フレームワーク。 しかし、東ヨーロッパの発展は、日本が国内の安全保障対話を迅速に追跡し、国際秩序の基盤を守るためのより大きな役割を模索するために必要な正しいナッツであることを証明しています。

岸田ビジョンはどのように革新的ですか? それが固定されている5つの柱を調べれば質問に答えることができます。

最初の柱は、ルールベースの自由で開かれた国際秩序を強化することです。 これは新しいものではありません。 日本は長い間規則に基づく国際秩序を断固として支持してきました。 それだけ FOIP会話 当初から、東京で自由で開放的であり、規則に基づく国際秩序を維持しようとする日本の決意を繰り返し強調しました。 実際に彼の2013年」日本が帰ってきたスピーチでは、安倍首相は、ルールの先導的な促進者であり、グローバルコモンズの守護者としての日本の役割を構想しました。

革新的なのは、「海事法執行能力、サイバーセキュリティ、デジタル・グリーンイニシアチブ、経済安全保障の向上」を目指し、来年の春までに体系的な「自由で開放されたインド・太平洋平和計画」を策定するというキシダの決意です。 」 東京は今後3年間にわたって技術協力と訓練を拡大し、約20カ国の海洋法執行能力を強化し、法治およびガバナンスのトピックに関する従業員を教育し、海洋保安機器および運送インフラに20億ドルの支援を追加提供する予定です。 同僚のインド太平洋諸国に。

第二柱は、日本の安全保障の役割の拡大と抑制能力の強化を含む安全保障の中心である。 9条の範囲内で日本の安全保障の役割と集団的自衛権を徐々に再調整することは進行中の過程です。 安倍時代はこの点で決定的だった。 岸田がウクライナ事態を背景にしたことは、安全保障会話の基本方向を変えるよりも加速したことです。 国防計画およびホワイトペーパーの心空間における国防支出、反撃能力、安定性に関する議論、2013年の国家安全保障戦略の改正およびその他の防衛計画は、ウクライナの戦争と岸田政権の移転です。

ロシアのウクライナ侵攻は、岸田の物語が「今日のウクライナは明日の東アジアであるかもしれない」というように、抑止と対応能力を強化しようとする日本の計画に5年という最終日程を入れたものです。 しかし、課題は日本の平和憲法の範囲内でそれを追求するだろう。 それにもかかわらず、このメッセージは日本の大衆に反響を起こしています。 サポートする 台湾事態に備えるためだ。 日米同盟を核心とする対内外バランスとクワッド、アセアン、ヨーロッパとの協力網構築という日本政策の核心は相変わらずだ。 今後、日本は強大国競争の新たな地平が熱くなる中、NATOや太平洋諸島との協力を強化していきます。

第三の柱は、特にロシアのウクライナ侵攻以来、核兵器のない世界を実現するための切迫感を倍加するという点で大きな意味を持つ。 これは広島選挙区出身のキシダの緊密な個人的な議題です。 北東アジアにはいくつかの核保有国があります。 米国と中国が核軍縮と軍備統制対話に参加するよう促す岸田の要請は注目に値する。 日本首相としては初めてNPT再検討会議に参加するという彼の意志は彼の真剣さを示している。 しかし、日本が核兵器禁止条約に加わらないという議論と決定は、問題の複雑さを強調している。

第四柱は国連改革を推進しています。 日本は2023年、国連安全保障理事会に非常任理事国に合流し、高位級の席に上がる予定だ。 国連改革は歴代政府の最優先課題であった。 日本の大幅な財政的貢献にもかかわらず、改革の推進はほとんど成功しなかった。 中国とロシアが国連安全保障理事会の常任理事国議席を占めるようになり、厳しい旅になります。

5番目の柱は、岸田政権がかなりの進歩を遂げた領域の一つである経済安全保障を固定しています。 経済保安法制定から専任長官職の新設に至るまで、半導体、バッテリー、希土類、医薬品などサプライチェーンリスク解消、戦略技術保護などに関する議論が本格化している。 経済安全保障への対話は、中核産業への外国人投資規制、デジタルエージェンシー設立、弾力的なサプライチェーンを支援する補助金など、中米戦略競争とファンデミックという文脈で、岸田が執権する前から注目を集め始めました。 、等。 しかし、これらの努力は岸田で成熟し、政策の条件に従って実行を開始しました。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 月に5ドルを出すだけです。

KishidaがShangri-la Dialogueで平和のためのビジョンを発表しましたが、彼がそれをどのように伝えたかは歴史が判断します。 日本が参議院選挙を控えており、岸田の自民党が確固たる権限を確保すると予想される。 これは、キシダが自分のビジョンについて話す時間を稼ぐでしょう。 中国 – ラ – 米力学関係を探索しながら国家安全保障利益を追求することは、キシダが日本の大戦略を定義する機会と同じくらい挑戦です。

READ  TBS「はるかラック! 「餃子の店行く騒動特集立川意味落書きさん」博之さんも堀江さんも二人とも同じ面倒な人だが......」| ガジェット通信GetNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close