トップニュース

日本のケチャップ王、トマト禁止に腎臓不買運動に参加

日本の名古屋 – 日本の主要ケチャップメーカーのKagomeが、中国の腎臓でのトマトの輸入を中断したとNikkeiは火曜日に知り、ウイグルのイスラム教徒の申告された虐待については、この地域での材料調達を中断した西欧のブランドの増加隊列に参加しました。

パスタソースとトマトジュースも作る行って担ぐ昨年腎臓山トマトの輸入を停止した。 すでに輸入されたトマトは、今年以上の加工品に使用されていません。

Kagome代表は、コストと品質と「人権問題が決定を下す要因となりました」と言いました。

Kagomeはウイグル問題ロイ地域との事業を中断した最初の日本の主要企業に思われます。 H&MとNikeを含む多くの有名な西洋のブランドがこの地域で作られた材料の購入を中止し、中国の消費者の反発を呼びました。

Kagomeの運営に与える影響はわずかです。 ペーストの形態で出荷されている腎臓のトマトの調達は、過去数年の間に減少した。 身長トマトは、現在のグループが使用するトマトの1%未満を占めています。 農産物は、他の国のトマトに置き換えることがあり、生産に影響を与えないことです。

Kagomeは常にウェブサイトに腎臓から原料を生産すると発表しました。 かごめの関係者は、工場や畑、定期的に訪問し、「過去に使用したトマトが人権を侵害する環境で生産されていないことを確認した」と述べた。

国連食糧農業機関のデータによると、中国は2019年に世界最高のトマト生産に6,276万トン(世界の生産量の約35%)を提供しています。 中国が占めています。

特に腎臓地域は、夏に十分な量の光と昼と夜の温度差を考慮すると、トマトの栽培に最適です。

投資家と人権団体は、ウイグル人に対する虐待について企業に圧力をかけています。 米国株主擁護団体である企業の責任の宗教間の中心は、先月、腎臓で強制労働に関与サプライヤーを利用することが疑われる47個の企業の詳細を開示することを促しました。

企業のリストには、Googleの親Alphabet、Apple、Volkswagenとカジュアル衣料チェーンUniqloの日本親であるFast Retailingが含まれます。 Kagomeは名前が指定されていません。

輸入の相当部分を中国に依存している企業に報告された虐待に反対する立場は、世界で二番目に大きい経済の中で反発の危険があります。 同時に、中国で変わらない事業を継続すると、西欧の批判が会社が人権問題に無関心であると宣言することができます。

スウェーデンのアパレルメーカーH&Mは9月に中国の糸メーカーとのビジネスを中断すると発表した。 先月以来アリババグループホールディングスのオンラインマーケットプレイスでH&Mの商品を検索することができませんでした。

Kagomeは、他の製品の中でも、日本産の野菜ジュースを輸出します。 しかし、中国本土では、グループの売上高の0.4%に過ぎません。 腎臓トマトを簡単に置き換えることができるという事実に加えて、Kagomeは、地域とのビジネス取引を減らすことができ、より快適な位置にあります。

READ  LOOK:パンで作ったフェイスマスク、日本発売

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close