トップニュース

日本のゲームアーケードが最後の生活にあります

数十年の間に、日本のゲームアーケードは、一連の課題に直面してきました。 一般的に、彼らは技術の領域にありました。 つまり、最初はアーケードマシンレベルのグラフィックスを約束して、最終的には、このを凌駕する先端ビデオゲームコンソールでした。 今、日本のアーケードは、全世界が戦っているCOVID-19と呼ばれる新たな脅威に直面しています。

伝染病にかかった、日本のアーケードも 下降に。 警察白書によると、2019年の日本全域にアーケードが4,022個、1986年26,573件から減少した。 2000年代後半、日本のゲームセンターの本を出版した後も、状況が変わりました。アーケードマニア!” 当時は9,000を超えるアーケードがありました。 1980年代半ばの頂点よりもはるかに少なかったが、今日の二倍でした。

長年ボーリング場やデパートの屋上は娯楽空間として機能しています。 例えば、Namcoは1950年代半ばに横浜松屋デパートの屋根に馬二匹を建てる娯楽事業を開始しました。 1970年代初頭には、近代的なアーケードゲームの先駆者である電気機械ゲームに拡張されました。

私たちは、まず、知っているゲームアーケード 爆発 1970年代後半、日本ではSpace Invadersが国の想像力を捕らえました。 ゲームセンター(多くの場合、アーケードで改造されたコーヒーショップ)は、古典的な宇宙シューティングゲームとの関連性が非常に強かったので、「インベーダーハウス」と呼ばれました。

70年代後半から1990年代初めまでのアーケードは、家庭用コンソールより優れたグラフィックスを提供する使い捨てお金とアーケードキャビネットのおかげで繁栄しました。 しかし、NintendoとSegaのようなメーカーの家庭用コンソールがさらに強力になり、インターネットは、オンラインプレイを可能にしながら、日本のアーケードは、ホームフィールドの利点をいくつか失った。

時間と技術が発展したが、アーケードは、常により良いグラフィックや中央処理装置に置き換えることができない特定の魅力を持っていました。 香水を呼んで、他の時代にタイムマシンを行くことができるところ、最も重要なことは、同じ考えを持つ人々と交流することができるところでした。 この魅力は、伝統的なゲーマーだけ限ったものではない。 2010年Nikkei 申告 アーケードはますます高齢者のためのソーシャルハブとなっています。 65歳の老人は、アーケードに行く多くの友人を作ることが「夢の中にいる」と述べた。

アーケードをそのように魅力的にすること(人間の相互作用)のほとんどは、現在、厳しく制限されます。 東京と大阪で緊急事態が宣言されると、アーケード大物であるTaitoとSegaは、一時的にゲームセンターを閉鎖しました。 開いているものは、キャビネット、ボタン、ジョイスティック消毒などの予防措置をとるが、雰囲気は同じではない。

親会社Square Enixは催し物ビジネスでTaitoの営業損失と純売上高の急減について説明し、最近の財務諸表では、これらの閉鎖は、COVID-19の拡散を防ぐために考案された説明しました。

「遊び市場はCOVID-19大流行による直接的な影響を考えると継続劣悪な動作環境に直面しています。 “Square Enix 追加された 最新の財務結果から。 Capcomも メモ 影響を受けたのはアーケードでのボヘンリャンだけでなく、娯楽機械製造の需要もあります。 業界全体が打撃を受けた。

ノックた効果化合物。 例えば、国境閉鎖が進むにつれて、外国人観光客に依存しているアーケードはこれまで以上に危機を感じています。 昨年から東京の有名なアーケードが閉鎖された。 セガ秋葉原ビル2、以前に秋葉原基として知られている地域のランドマークであり、48歳 新宿プレイランドカーニバル

「事業が大変だったが、いつかはこの日、から逃れることができると考えました。」新宿プレイランドカーニバル監督下田紀之 と述べた 閉鎖の朝日新聞。 「自分の感情を表現する言葉を見つけることができません。」

大流行期間中のアーケードを有効にするために、日本政府の支援や関心がほとんどないと思われます。 アーケードが閉鎖されるたびに国のゲームの歴史と文化の一部が失われます。

「政府は、この絶望的な状況で、私たちを助けるために何もしていない」と東京のアーケードMikadoのマネージャーであるYasushi Fukamachiは、今年初めにAgence France-Presseに話した。 「所得が半分以上減少した。 ひどいです。」

みかどオーナー池田稔を強制的に 嘆願を始める クラウドファンディングサイトCampfireで去年。 ありがたいことに3,800人以上のファンが参加して¥37,328,892(約$ 343,000)を調達しました。 すべてのアーケードがそう幸運はありません。

しかし、まだ日本のアーケードを数えないでください。

ゲーム会社は、いくつかの楽観的な兆しを見せています。 セガサミーは、最近の財務諸表で「コロナ19の影響で不振だったアミューズメント施設運営が回復に入ったが、顧客の購買意欲回復には時間がかかると予想される」と述べた。 。 ゲーム大企業は2020年12月娯楽施設を運営する子会社セガエンターテイメントの持分85.1%をGenda Inc.に売却した。 同様Square Enixは、その遊び施設は、特に郊外やショッピングエリアが反発していると明らかにした。 ショッピングモール。

これは日本のアーケードが直面する最大の課題かもしれないが、ゲームが終わっていない。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  インドと日本の首相、コロナ19 'クワッド」議論

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close