日本のゲーム会社セガサミー、米国ファンドにリゾートを売却

Estimated read time 1 min read

セガサミー(Sega Sammy)は、日本のリゾート複合施設であるシガイア(Seagaia)を米国のポートレス投資グループ(Fortress Investment Group)に売却すると発表した。 「ソニック・ザ・ヘッジホック(Sonic the Hedgehog)」ビデオゲームを制作した日本のエンターテイメント会社は、金曜日にフェニックスリゾート(Phoenix Resort Co.)のすべての株式を運営していると明らかにしました。

「ソニック・ザ・ヘッジホック」ビデオゲーム会社のセガサミーホールディングスは、日本南西の宮崎でシガイアを運営するフェニックスリゾート株式全量を売却すると発表した。

取引の財政条件は開示されていない。

Sega Sammy理事会が承認したこの措置により、2025年3月までに会計年度に約85億円(5,500万ドル)の特別収益が生まれます。

セガサミーは、ステートメントでニューヨークに本社を置くFortressは、2011年以来176ホテルを買収して以来の経験のために会社が選択されたと述べました。

Sega SammyはPhoenixと協力し続け、所有権の売却が完了した後、新しく発行された株式を通じて議決権の20%を獲得する予定です。

また、金曜日、Sega Sammyは3月に終了した会計年度の利益が前年度459億円から330億円(2億1200万ドル)に減少したと発表した。 売上高は20%増の4,678億円(30億ドル)を記録しました。

セガサミは去る2月発売後初週に100万ダウンロードを記録したビデオゲーム「ペルソナ3リロード」をはじめ、古いがまだ人気を集めている「アングリバード」、「ライク・ドラゴン」など多様なエンターテイメント事業を運営している。

また、おもちゃやパチンコ、いわゆる「パッチスロット」機械を作り、アニメ作品に対する知的財産権も保有している。

同社は過去5年間で10倍に成長した部門であるゲームと映画を通じて、Sonicライセンスの収益を活用しています。

セガサミーのリゾート運営は最近収益性を回復しましたが、ファンデミックのため日本旅行と国内旅行が中断されて苦労しました。

Seagaiaの管理をFortressに渡すことで、Sega Sammyはビデオゲームなどの重要な強みに集中する予定です。

Fortressは、日本の通信および技術会社SoftBank Group Corp.が大株主を所有していますが、Abu Dhabi投資ファンドMubadalaは、2023年5月にSoftBankからFortress Investmentの大株主持分を購入すると発表しました。 規制要件のため、まだ取引は完了していません。

___

ゆりかげ山がXにあります:https://twitter.com/yurikageyama

READ  S&P 500は4,000ポイントを突破した後、アジアの株式は上昇
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours