日本のゲーム:時代の変化によるスポーツイベントのレビュー

Estimated read time 1 min read

毎年各都道府県が帰って開催する全国体育大会であるジャパンゲームは熱い議論の対象となってきた。 行事の意味と運営方法は時代変化に合わせて見直さなければならない。

日本体育大会は1946年、全国体育大会という名前で始まり、今年の名称が変わった。 最近では大会が終わった後、全国障害者体育大会も開催されている。 今回の大会を開催するすべての県の2次ラウンドは、2034年沖縄県で開催される日本大会を最後に終える。

全国知事協議会会長を務めている村井吉宏宮城県知事は「廃棄が一つのアイデア」とし、日本大会に対する疑問を提起した。 他のいくつかの知事も再検討を求めた。

道知事は今の形で3次開催に突入するのではなく、イベントに関する問題点を認識し、イベントを中断して根本的に見直さなければならないと感じるだろう。

これまで大会は全国だけでなく地域全体のスポーツ振興に一定の役割を果たしてきました。 今回の行事をきっかけに全国各地に体育施設と道路が発達することになった。 また、このゲームはよく知られていないスポーツを含むスポーツの普及、選手とコーチの育成、競争力の向上にも貢献してきました。

しかし、多くの支社は、大会の開催が県に大きな財政的負担を与えているという感じを表現しています。

今回の大会は開催地県と中央政府、日本体育協会が共同で主催するが、費用の大半は開催地で負担する。

今年開催国である佐賀県は、イベント開催及び施設開発のために合計157億円を割り当てる予定だ。 特に農村地域を中心に人口が減少しており、財政状況もギリギリです。 一部の県では、今後独立して大会を開催することが難しい可能性があるという懸念があります。

これに体育協会は、道知事協会などを含む新たな議論の場を設け、大会の今後の方向を定める計画だ。 知事協議会でも意見を集めて整理している。

日本大会を持続可能にするためには、3者間の負担分担を検討することが不可欠である。 開幕式を簡素化し、既存施設を活用し、隔年で大会を開催し、様々な県の広い地域で開催することが負担を軽減する方法となります。

大会競争の側面では、開催国が総合優勝を目標に実力ある選手たちをスカウトしたという点が問題と指摘された。 人口がますます都市部に集中するにつれて、県が互いに競合する現在の形式の代替案も考慮すべき問題である。

多くのエリート選手が大会に参加せず、代わりに国際大会に優先権を置いている。 ジャパンゲームを「日本最大、最高の総合スポーツイベント」と見る概念が適切かどうかの議論を避けてはならない。

多くの運動選手にとって、試合に出場することは依然として重要な目標です。 現状に合わせて大会をどのように組織すべきか、スポーツの役割は何かを幅広く議論することが重要だ。

(読売新聞、2024年5月6日付)

READ  香港小学校が生徒に南京大虐殺を示す映画に対する怒り
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours