日本のコアインフレが加速し、BOJがさらに金利引き上げを続けると予想される。

1 min read

東京:5月、日本全国のコア消費者インフレは、前月の2.2%から前年同期比2.6%に加速すると見られると、ロイターが6月14日金曜日(6月14日)18人の経済学者を対象に実施した世論調査によると、中央銀行による。は2019年5月のインフレ率を維持しました。 今後数ヶ月以内に金利をさらに引き上げます。

新鮮食品を除く核心消費者物価指数(CPI)は再生エネルギー賦課金の引き上げで上昇傾向を見せた中、新鮮食品とエネルギーを除いたいわゆる核心・核心インフレは小幅鈍化すると見込まれる。 。

起源インフレは2年以上日本銀行(BOJ)の目標である2%以下に落ちませんでした。

伊藤秋経済研究所の武田敦史首席エコノミストは「円安と原材料インフレによるコストが転移し、再生エネルギー要因が消えてインフレ傾向は多少鈍化するだろう」と話した。 「それでも、賃金の上昇とサービス価格の上昇による国内インフレのため、インフレがBOJの目標である2%を下回るとは予想していません。」

「したがって、BOJは通貨政策正規化の方向に進んでおり、9月には金利を引き上げると予想されます」

BOJは、金曜日の大規模債券の購入を減らすことを決定し、来月に約5兆ドルに達する貸借対照表を縮小する詳細計画を発表し、大規模な通貨扶養策からさらに足を踏み入れると述べた。

CPIデータは、2330年6月21日午前8時30分(グリニッジ標準時)6月20日総務省によって発表されます。

財務省(MOF)の別途資料によると、日本の5月の輸出は前年同期比13.0%増加した反面、輸入も10.4%増加し、貿易収支は1兆3100億円の赤字を記録すると予想される。 (米ドル83億4千万ドル)。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは「世界経済が依然として低成長モードにある中、輸出は前年同期より増加傾向を強化した」と述べた。 ただ、「円安に伴う輸出価格の上昇によるもの」とし「物量の面では輸出が加速しにくいと思われる」と話した。

企業投資の鈍化に対するより懸念の兆しで、今後6~9ヶ月間に資本支出を主導するが、ボラティリティが大きい指標である核心機械注文は、4月に前月比3.1%減少すると予想された。に減少した数値です。 。

日曜日午前8時50分/23時50分(GMT基準)に発表された内閣府資料によると、4月の中核注文は前年同期比0.1%減少したことがわかりました。

READ  中国との経済的絆は、世界の新興市場を脱線させる脅威
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours