日本のコア機械注文が予想以上に減少し、経済不確実性が加重

Estimated read time 1 min read

杉山里

東京(ロイター) – 製造業の不振により1月、日本の核心機械注文が予想より大きく減少したと月曜日に発表されたデータによると、政府は1年余りで初めて指標に対する見解を下方修正しました。

内閣府が月曜日に発表したこのデータは、世界4位の経済大国の不振な回復に対する懸念を強調した最近のデータに従ったものです。

ある経済学者によると、日本銀行(BOJ)が2日間の通貨政策会議を始める中で出たのですが、中核機械注文データが中央銀行の決定に大きな影響を及ぼす可能性は低いという。

今後6~9ヶ月間、資本支出の先行指標とみなされる変動性の大きいデータシリーズであるコア注文は、1月に前月より1.7%減少したことがわかりました。

下落幅はエコノミストたちがロイター世論調査で予想した1.0%下落より大きかったし、12月には1.9%上昇を記録した。

大和証券の鈴木コタエコノミストは、「製品需要の低下による生産不振と自動車メーカーの生産中断、新年の地震の影響に対する不確実性が、メーカーが資本投資を後退させた可能性がある」と述べた。

鈴木は「今後資本投資が鈍化するリスクが相当だろう」と話した。

政府は機械注文に対する見解を2022年11月以降初めて下げ、「普通」から「若干弱点を見せる」に変えた。

内閣府関係者は「10~12月の3カ月平均値を考慮して下方修正した」と話した。

海運および電力業のボラティリティを除いたコア注文は前年同期比10.9%減少し、予想値11.2%より小幅減少した。

部門別では、1月のメーカー注文が化学工業と自動車業種の影響で前月比13.2%減少した。

内閣府関係者は、トヨタ自動車系列会社トヨタインダストリー(Toyota Industries)の認証テスト不正行為がどのような影響を及ぼしたかは不明だと述べた。

サービス部門の注文は6.5%増加しました。

経済的弱い持続

日本の主要企業の予想よりも大きな賃金の引き上げにより、日本中央銀行が火曜日に終わる会議でマイナス金利政策を終了する可能性が大幅に高まった。

マイナス短期金利の終了は、2007年以降、日本の最初の金利引き上げになります。 大和証券の鈴木は、実際の資本投資が依然として堅牢であるため、月曜日のデータがBOJの決定に与える影響は限られていると述べた。

しかし政策立案者たちと政府は経済の弱点を指摘してきた。

上田一雄BOJガバナーは先週経済が回復しているが、一部の弱い兆しを見せており、1月に比べて自分の評価がやや低くなったと述べた。

日本経済は、第4四半期の上昇幅が予想より弱かったにもかかわらず、昨年末の技術的不況を避けたと政府修正資料が現れた。

(記者:杉山里、編集:Kim CoghillとMuralikumar Anantharaman)

READ  韓日、8年ぶりに初の高位級経済会談
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours