トップニュース

日本のコアCPIは1月に0.2%上昇し、コスト上昇インフレはそのまま維持

日本の1月の核心消費者物価は、エネルギー価格の急上昇と円安のインフレ圧力が持続するにつれて、1年前より0.2%上昇したと政府データが金曜日に明らかにした。

総務省は、エネルギーコストが40年余りで最も速い速度で上昇し、ボラティリティの大きい新鮮食品を除く全国の源消費者物価が5ヶ月連続上昇したと明らかにした。

価格上昇率は、12月の0.5%で鈍化しました。これは、主にコロナウイルス感染が再び発生した中で、地域観光を復活させるための政府の割引プログラムの中断による、より高い宿泊料金の影響が前年比で減少したためです。

見出しの数値は、日本の銀行の2%のインフレ目標から遠く、主要経済局の中央銀行が政策正規化に転換するのを遅らせる可能性を裏付けています。

高いエネルギーと原材料のコストはすでに家計を圧迫し始め、岸田文夫首相は木曜日、政府が影響を軽減するための追加措置を検討すると述べた。

BOJと同種業界へのさまざまな政策経路を反映した円安は、資源不足の日本の輸入コストを増加させます。

明治安田研究所の先輩エコノミストであるYuichi Kodamaは、「最近の原油価格が上昇しており、これは会計年度末(3月)以降もCPIに強い影響を及ぼすだろう」と述べた。

彼は「エネルギーと食品価格の上昇は消費者心理に否定的だ」と述べた。

エネルギー価格は17.9%も急騰し、1981年1月以降最も急な上昇傾向を見せた。 灯油は33.4%、ガソリンは22.0%上昇した。

主な上昇者の中で、牛肉のボウル価格は、レストランのオペレータがより高い牛肉の価格と輸送コストを消費者に伝えるにつれて9.0%上昇しました。

教育省の資料によると、1月の宿泊費の上昇率は0.6%に調整され、12月には前年同期比44.0%増加しました。

日本はウクライナとロシア間の葛藤が激化し、原油価格が上昇し、1月に53.6%下落した携帯電話料金引き下げの影響が消える予定なので、今後数ヶ月間インフレ圧力に直面する可能性が高いです。 。

コダマは、「核心CPIが一時的に2%に達することがあります。だからといって、BOJの物価安定目標が黒田総裁が望む通りに達成されたという意味ではなく、したがって通貨緩和政策が変更されないだろう」と付け加えました。

新鮮食品とエネルギーを除いた、いわゆるコアCPIは1.1%下落し、2011年3月以降最大の下落幅を記録した。 10ヶ月連続で下落した。

READ  DAZN、Bokuパートナーシップを通じて、日本での地位を強化

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close