世界

日本のコロナウイルス接種原則居住地で医療機関を事前予約| ロイター

[도쿄 10 일 로이터]- 厚生労働省は10日、保管冷凍庫1万0500台を国が保証するなど、日本国内で新型コロナウイルスワクチンの接種体制を整理した。 来年上半期まで全国民に供給できる量のワクチンを確保し、原則として居住地の市町村で接種。 事前に予約した医療機関のほか、市町村が設置する場所で実施する。

12月10日厚生労働省は、保管冷凍庫1万0500台を国が保証するなど、日本国内で新型コロナウイルスワクチンの接種体制を整理した。 写真はボスニア・ヘルツェゴビナゼニツァで4日撮影(2020年ロイター/ Dado Ruvic)

ワクチン・流通システムの部会終了後、厚生労働省幹部は会見で、「国民皆を対象に接種体制を組む。できるだけ早く国民に提供する」と述べた。

米国の製薬会社ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスは、英国で8日に接種が開始されたが、日本では、国内の臨床試験および承認手続きを経なければならこれまで厚生労働省は、「年度(2021年3月末まで)の準備をしなければならない」としている。

ワクチンの接種体制は、国の指示に基づいて市町村が対象者に「接種券(クーポン)」を送付して接種は、それを医療機関に持参し、接種を受ける構造である。 接種者は、公開されたサイトで、居住地の予約可能な医療機関を選択し、事前予約する。

クーポンまず、高齢者は、次の高齢者以外の基礎疾患を持っている人に配布される。 医療従事者は、それぞれの参加医療機関と連携医療機関で接種する。

ワクチンの流通体制に関しては、冷凍状態でワクチンを保管するために、マイナス75度の冷凍庫を3000台、氷点下20度のもの7500台を国が保証して人口をもとに、各自治体に割り当てる。 保冷ボックスのドライアイスも国家が大量に調達して医療機関に供給する。 接種費用は国が負担する。

ワクチンの配分額は、国や自治体が決定医療機関などに納品する。 地域別に流通を担当する卸売業者を設ける。

政府はこれまで2億9000万回分のコロナワクチンの供給を受けることで、製薬会社と合意した。 このうち、米国モデルルナは5000万回を契約。 ファイザーと英国アストラゼネカは、それぞれ1億2000万回分の最終契約のために、今後協議を進めている。

東京都は10日、新たに602人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。 初めて600人を超え、過去最大を記録した。

*内容を追加しました。

宮崎亜美久保信弘

READ  イスラエル、ガザ地区の下、より多くのハマストンネルの攻撃は、レバノンでロケット発射

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close