日本のコロナ19経口用医薬品の77%が廃棄される予定:推定

Estimated read time 1 min read

日本政府が新種コロナウイルス大流行期間中に購入したコロナ19経口用医薬品の77%を使用しない状態で廃棄する予定だと政府データに基づく推定値が土曜日に出た。

560万人分の経口用医薬品を確保したが、430万人分はまだ未使用状態だ。 保健省はすでに当該医薬品を公衆に公開しており、政府は昨年5月、この病気の法的地位が季節性インフルエンザと同じカテゴリーに降格した後、緊急事態が発生した場合にのみ医薬品を提供できると明らかにした。

写真は塩乃木工業(株)のジョコバ町(写真提供:塩野木工業)(刑務所)

残りのシオノギ(Shionogi & Co.)が生産するジョコバ(Xocova)錠剤、メルク(Merck & Co.)が生産するラゲブリオ(Lagevrio)カプセル、ファイザー(Pfizer Inc.)が生産するパックスロビド(Paxlovid)丸薬(3000億円(19億3000万ドル)規模で推算)は有効期間が過ぎると廃棄されると予想される。

薬物経済学の専門知識を備えた東京大学特任教授の五十嵐アタルは、状況が変化する際に必要な薬物の量を正確に予測することは難しいと述べた。

伊良市は「薬品が不足すると人々の健康が危険になり、多すぎると金銭的損失が発生する可能性がある。我々は次の感染症が現れる前にどの程度に耐えられるか議論しなければならない」と話した。

写真はメルクが作ったラゲブリオカプセル。 (写真提供:メルク)(刑務所通信)

厚生労働省によると、日本はジョコバ200万人、ラゲブリオ160万人、パクスロビド200万人を確保した。 購入に対して支払った金額は公開されていません。

購入および出荷量に関する公開データを使用して計算した結果、日本は3月末現在、まだXocova 177万人、Lagevrio 78万人、Paxlovid 175万人を保有していることがわかりました。 価格は1人あたりそれぞれ52,000円、94,000円、99,000円だ。

写真はファイザー(株)が製造したパクスロビッドジョン(写真提供:ファイザー)(共同通信)

購入したラゲブリオカプセルの半分以上が出荷されたのに対し、大流行の状況でその薬物に対する政府の承認が比較的遅くなったため、Xocova錠の半分未満が出荷されました。 パックスロビドの丸薬は特定の薬と一緒に服用できず、期待どおりに使用されませんでした。

日本は最初に9億3千万注射を購入する契約を締結し、後で一部を取り消した後、すでに2億4千万注射のコロナ19ワクチンを廃棄しました。 保健省は、廃棄されたワクチンの価値が6,653億円に達すると国会に明らかにした。


関連プレス:

日本では5~11月、コロナ19による死亡者が1万6000人を超えた。 2023年

在宅勤務施設が空になり、日本はコロナ補助金を再考することになった


READ  日本首相、食糧、エネルギー危機解決、首脳会談でロシア糾弾
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours