エンターテインメント

日本のコロナ19緊急事態解除、感染者の減少



2021年9月30日、日本中部名古屋のローストチキンバーの従業員が一日の終わりCOVID-19緊急事態が解除される前に、窓から一時営業停止案内文を離して​​いる。 。 (教徒)

東京(教徒) – 日本のコロナ19緊急事態が金曜日に完全に解除され、4月以降初めて全国に感染抑制措置を取らないようにしました。

東京をはじめとする18の都道府県を含む緊急事態が木曜日全国的に新しいコロナウイルスの事例が着実に減少して、医療システムへの負担が緩和さに応じてくれた緊急事態が終了しました。

政府が社会的・経済的活動を再開して、別の感染を予防するために、段階的に規制を緩和する計画でレストラン、テーマパークなどの企業は、予想される顧客の増加に備えている。

緊急事態への旅行自制を要請しながら、観光業界では国内旅行や宿泊の予約が急増している。

全日本空輸は8つの路線について、政府が緊急事態と準備上事態を終了することに決めたか、一日に1カ月前の平均の約10倍に達する約5万件の予約を受けた。 国の47県。

一方、東京ディズニーテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは1日最大入場者を5000人から10000人に増やす予定である。

日本のスタイルの「居酒屋」パブやレストランが多く賑やかなエリアである新橋にあるレストランを運営する80歳のマツダアーツノリ(Atsunori Matsuda)は「この日の最初の段階で心から歓迎したいと思います。」と言いました。

緊急事態に応じて人々は、不必要な外出を控え、人が多いところに行かないことを訴えたレストランやバーは、午後8時までドアを閉め、お酒を飲まないよう呼びかけました。

政府は、約1ヶ月の間にレストランやその他のレストランで午後8時までに終了するよう要求しますが、十分なウイルス対策措置を取ったレストランは、午後9時まで運営できるように要求する予定だ。 そのコロナウイルスの対応措置。

顧客に電子メールを送ってこれを記念するために、伝統的な樽に入れられた酒を購入するなど、緊急事態解除を準備してきたマツダは、「レストランでお酒を飲まないのは大きな打撃だった」と語った。

しかし、約300個のパブの約80%を一時的に閉鎖したワタミ(Watami Co.)は、十分な人材を確保しにくく、一度にすべての店を再開することを放棄した会社の関係者が語った。

コンサート・スポーツ大会など大規模なイベントの観客も緩和されて、最大の観客が5000人で10000人に増えた。

日本全域の感染者は8月20日25,867人の全国一日の記録を記録した後、減少しています。 木曜日に日本全域で1,576人の事例が報告されました。

東京オリンピック開幕11日前の7月12日、唯一の他の地域である沖縄に続き、緊急事態が宣言された。 大阪と福岡を含む他の県は8月に、その下に置かれた。

READ  「Dead by Daylight」のPS5版とXbox Series Xのバージョンが2020年ホリデーシーズンに登場。 現行機種用グラフィックスの全体的な刷新を発表

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close