トップニュース

日本のコロナ19重症な症状の患者1478人を突破

日本の保健省は、金曜日に日本で重症の症状を示すCOVID-19患者数が過去最大の1,478人を記録したと発表した。

2021年8月12日、東京・渋谷の地域でマスクをした人が歩いている。 東京都は、同じ日に4,989人の新しいコロナウイルスの事例を見ており、これは一週間前に記録された5,042人の感染に続いて二番目に高い数値である。 (教徒)==教徒

今回の数値は、東京などの一部の地域で3次緊急事態が下された5月末の記録的な1413件を超えている。 新型コロナウイルス感染症(コロナ19)5次の流行の最中、7月中旬から全国的にコロナ19重症患者が急増している。

40〜50代東京を中心にワクチンの普及が遅れていて、人工呼吸器、人工心肺バイパス手術などの重症の症状がある患者でも、若年層では、これらの事例が観察されている。 集中治療室でのデバイスまたは治療。

東京だけで木曜日に重度の症状を示す患者の数が218人で史上最大を記録し、初めて200人を超えた。

木曜日広域もコロナ19監視会議で専門家は、現在、4次緊急事態が宣言されたかもしれないのコロナ19状況を「制御不可能な災害レベルの緊急事態」と説明した。

共同通信によると、この日、全国コロナ19新規感染者数は1万8000人を超え、前日1万5812人を超えた。

東京はまた、4,989人の新しいコロナウイルスの事例を見てましたが、これは一週間前記録された5,042人の感染に続いて二番目に高い毎日数値です。

READ  日本の村、コロナ19救援資金として、巨大なイカ像建設

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close