日本のコーヒー事業が日本酒メーカーと協力し、日本酒コーヒードリップパックを作ります。

1 min read

キットキャットやバターなど予期せぬ食べ物にも日本の酒が染み込んでしまうことが分かりました。 しかし、多くの人々が毎日食べる飲み物はどうですか? 群馬県に本社を置くコーヒーメーカーYamatoyaは、最近10月1日に新製品Sake Coffeeを発売しました。 この日は全国コーヒーの日であり、日本の全国酒の日でもありました。

この一人前のドリップコーヒーには、コーヒー豆を焙煎する前に地元群馬山日本酒に漬けてコーヒー豆の味と香りを吸収します。 群馬県ならではのユニークなコーヒー製品を作ることがこの製品の目標です。

酒コーヒーには、長井鋳造とコラボレーションした水場ショー、浅間鋳造とチームワークで作られたヒゲンの2種類があります。 名前は各醸造所の各酒のラインナップで借りられ、各醸造所の従業員がコーヒーに特に合う酒を選びました。

▼水場ショードリップコーヒーパック

フルーツの香りと軽い味わいのある酒場みずばショは、酸性が低く、ボディ感のあるブラジルコーヒー豆とペアになっています。

▼ヒゲンドリップコーヒーパック

スクリーンショット-2023-10-05-at-14.25.15.png

一方、Higenの軽い味はフルーツ風味のグアテマリアコーヒー豆を強調します。

各ドリップパックの価格は1個あたり324円で、以下のリンクから購入できます(日本語のみ)。 限定数量で販売されているので関心のある方は早めに措置していただくと良いと思います。

出典:PR TimesによるYamato Coffee

画像:PRタイムズ

SoraNews24でより多くの物語を読んでください。

秋葉原のメイド通りにいつもより甘い新しい自販機ができました。

日本のスーパーマーケットで12種類のゼリーキャンディーを試したところ、最もおいしいものが見つかりました。

東愛駅:日本で最も深い駅であり、ビデオゲームダンジョンのような最も怖い駅の一つです。

©ソラニュース24

READ  2023年日本の事業失敗は8年ぶりに最高値を記録
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours