トップニュース

日本のゴールデンウィーク連休が始まり、旅行者が電車と空港で混雑しています。

3年ぶりにコロナ19緊急事態が発令されなかった金曜日ゴールデンウィークが始まると、マスクを使った旅行者が日本全域の鉄道駅と空港を賑わった。

交通機関の予約はファンデミック以前のレベルには回復しませんでしたが、1年前に比べて急激に増加しました。

日本航空(JAL)と全日本空輸(全日本空輸)の国内線のフライト予約がほぼ満席で早朝から東京羽田空港は旅行客と荷物で賑わった。

2022年4月29日日本が3年ぶりにコロナウイルス緊急事態が発効しなかったゴールデンウィーク連休期間に入り、旅行者たちが東京羽田空港国内線ターミナルに賑わいます。 (刑務所)==刑務所

空港では約2年ぶりに第2旅客ターミナル4ヶ所の保安検査台をすべて開いた。

家族とともに日本南部沖縄県に旅行に行った49歳の女性である近藤由美子(Kondo Yumiko)は「感染を予防しながら地域観光を支援したい」と話した。

彼女の8歳の息子エイタは「久しぶりに空港に行ってみるととてもときめいだ。思い出たくさん作りたい」と話した。

去る3月、日本北東部を襲った大地震で運行が中断された後、4月14日、東北新幹線が完全に運行を再開した後、JR東京駅で人々がプラットフォームを浸水させた。

渡辺健一(36)さんは、家族と一緒に福島県に行く前、「年末年始に故郷に戻れないかと心配したが、思ったよりも早くサービスを再開した」と話した。

日本鉄道会社によると、新幹線の予約は1年前より5月8日木曜日から5月8日まで56~284%増加した。

5月8日金曜日まで、航空会社の予約は国内線が前年比1.7倍、国際線が4.7倍増加した。

過去2回のゴールデンウィーク連休の間、自治体はコロナ19の拡散防止のために市民に都道府県旅行を控えるように要請した。 今年のゴールデンウィークは5月8日に終了する。


関連する適用範囲:

ANA、需要回復の中で2022年度に黒字転換予想

日本は外国人に対するCOVIDの国境管理を緩和しなければならない:パネル会員

地震が発生した月で東北新幹線全路線再開


READ  日本人の新たなビジネスチャンス!オンラインカジノで働こう

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close