経済

日本のサイボーグゴキブリに会い、近い災害地域に来る

日本、埼玉:遠くない未来に地震が発生して生存者が数多くの瓦礫の中に閉じ込められると、最初に発見した人々がサイボーグゴキブリの群れになることができます。

これは、ワームに太陽電池やエレクトロニクスの「バックパック」を取り付け、リモートコントロールで動きを制御する能力を実証した日本の研究者の最近の革新を潜在的に適用したものです。

日本研究大企業のリケンの薄膜デバイス研究所の慶次福田氏と彼のチームは、厚さが4ミクロンで、人間の髪の幅の約1/25で、昆虫の腹部に入ることができる柔軟な太陽電池フィルムを開発しました。

このフィルムはゴキブリが自由に動くことを可能にし、太陽電池が処理し、昆虫の後ろの感覚器官に方向信号を送るのに十分な電力を生成します。

この研究は、シンガポール南陽工科大学の以前の昆虫制御実験に基づいており、いつかロボットよりはるかに効率的に危険な地域に入ることができるサイボーグ昆虫を作ることができます。

福田は「​​小型ロボット内部のバッテリーは早く消耗するため、探査時間が短くなる」と話した。 「サイボーグ昆虫の主な利点は、昆虫の動きに関連して昆虫が自ら動いているため、必要な電気がそれほど多くないことです」

Fukudaと彼のチームは、機器を運ぶのに十分な大きさで邪魔になる翼がないので、実験のためにマダガスカルのシャクシャンなゴキブリを選びました。 バックパックやフィルムが背中に付着していても、虫は小さな障害物を横切ったり、ひっくり返したりすることで自分で修正できます。

研究はまだ行く長さです。 最近のデモンストレーションで、Riken研究員Yujiro Kakeiは、特別なコンピュータとワイヤレスBluetooth信号を使用してサイボーグゴキブリに左折するよう指示し、一般的な方向にスクランブルさせました。 しかし、「正しい」信号が与えられたとき、バグは円に変わりました。

次の課題は、昆虫がより簡単に移動できるようにコンポーネントを小型化し、センサーとカメラを取り付けることを可能にすることです。 Kakeiは、東京の有名な秋葉原電子商店街で購入した5,000円(35ドル)相当の部品でサイボーグバックパックを作ったと述べました。

バックパックとフィルムを取り除くと、ゴキブリは実験室のテラリウムで再び生き残ることができます。 昆虫は4ヶ月で成熟し、飼育状態で最大5年を生きることが知られています。

Fukudaは、災害救助のバグに加えて、プラスチック、銀、金の微細な層からなる太陽電池フィルムの幅広い用途を見ています。 このフィルムは、バイタルサインを監視するために使用するために衣服または皮膚パッチに埋め込むことができます。

晴れた日、この素材で覆われたパラソルは、携帯電話を充電するのに十分な電気を生産できると彼は言った。

($1 = 143.3100円)

(作詞:Rocky Swift;編集:Mark Heinrich)

READ  BOJ、円安の議論、4月の会議で過度の動きによる被害警告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close