トップニュース

日本のサントリーの最高経営責任者(CEO)は、ファンレス東京オリンピックによる経済的損失は、「巨大なレベル」になると述べた。

君稲見武サントリー最高経営責任者(CEO)は、月曜日CNNビジネスとの単独インタビューで「高すぎる」と述べた。

OranginaとJim Beamバーボンのようなブランドの本場である日本の飲料大手の社長は、「我々は、オリンピックのパートナーになろうと思ったが…経済性が合わなかった。」と言いました。

Suntoryは公式スポンサーに署名する代わりに、今週の金曜日に始まるオリンピック期間中の可視性を高めるための別のパスを提示しました。 排他的に製品を提供するために、複数の施設を開きます。

Niinamiは東京で「今回の機会が私たちには非常に良いショーケースになると思いました。」と言いました。 「海外から多くの観客が訪れると予想した。」

主催側が公衆衛生上の問題を理由に、オリンピック東京スタジアムで観客を禁止することにした最近の決定は、これらの計画を廃棄しました。

Niinamiは「経済的損失が莫大だ」と言いながら、日本企業は、ファンが許可された場合の売上高が約10%増加することができたと推定しました。

Nomura Research Instituteの経済学者であるTakahide Kiuchiの推定によると、国内の観客がいない場合、日本経済に1,468億円(13億ドル)がかかる場合があるとします。

彼は去る6月に レポート 「外国人の観客の日本旅行を禁止することに決定された、3月に東京オリンピックのために予想される経済的利益のほとんどが消えた」とKiuchiが予想した措置は、すでに14億ドルの経済的損失をもたらしました。
2020年にスイスのダボスで開かれた世界経済フォーラムのパネルセッションで君稲見武サントリー最高経営責任者(CEO)。

「この時だ。 [when] オリンピックの価値は何であるか」とNiinamiが言いました。 「オリンピックがなっていると考えている。 [their] 値」

東京オリンピックはイベントのキャンセルを要求する多数のデモと、数千人のボランティアが撤退するなど、驚異的な議論を呼びました。
Niinamiは、日本政府と緊密な関係を維持しているにもかかわらず、(彼菅義偉首相の経済顧問である)の幹部は、これを批判することを恥じていません。 彼は「オリンピックがなぜ延期されていないことを分からない」と話した。 “[They] 少なくとも2ヶ月延期しなければなら “

大きな賭け

今月、日本はコロナウイルスファンデミク(世界大流行)により国家非常事態に基づいて、オリンピックを開催することを決定しました。

そのニュースは、消費者支出の増加を期待していたSuntoryのような人々に大きな打撃でした。 これまで60以上の日本企業が最高記録を立てた。 今年のオリンピックに30億ドルを投資しました。 今、彼らの多くは、投資収益率を懸念しています。

オリンピックがこの夏、日本の企業にはまだ活力を与えることができると思うかという質問にNiinamiは「より多くの、私はそうは思わない」と述べた。

日本の最高経営責任者(CEO)は、オリンピック誘致を「自殺ミッション」と述べた。

一部の企業は、参加を大きく在庫ありました。

世界で最も高い放送塔である東京スカイツリーの真矢昭夫専務はCNNビジネスとのインタビューで、 昨年「このような状況でスポンサーがなければならないか」を審議した。

後で決定することを決めたが、その後「オリンピックの雰囲気を盛り上げるために、「超高層ビルの展望台から聖火リレーを含む様々なイベントをキャンセルする必要がしました。

真矢は「コロナのため時ではない。「そう華麗な祭りを開く雰囲気がなかった。」

ほぼ80% の日本の人々がオリンピックを開催してはならないと言います。 口のソース森調査 先週発売された。
企業はこれらの敏感を念頭に置いています。 今週は、 トヨタ TMゲームの最大のスポンサーの一つである、日本でのイベントに関連する広告を公開していない代わりに、「一般的な」広告を掲載することを決定したと言いました。

現代車の北米支社によると、今回の決定は、国内「コロナ19状況」を考慮して下した決定である。

トヨタは、日本と諸スポンサーでオリンピック広告を運営していません。  CEOは、開幕式省略

IOCの前マーケティング責任者であるMichael Payneは、企業の厳しい戦いを認めました。 「砂糖のコーティングは、意味がありません。知っているように、これは理想的な状況がありません。」と彼は言いました。

しかし、約40年前にオリンピックのグローバルスポンサープログラムを作ったPayneは、企業が「非常に困難なコンテストで得ることができる潜在的な遺産の利点はまだ楽しく驚くことができる」と予測しています。

彼は「まだ重要な機会がある。「まだだ数えないでしょう。」

READ  日本の東芝、論争にもかかわらず、理事会の承認取得

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close