経済

日本のサービス部門は、健康危機が需要を打つと16ヶ月の間に縮小-PMI

東京、6月3日(ロイター) – 日本のサービス部門の活動はCOVID-19事例の復活で需要が急増するにつれて、国内コロナウイルス緊急抑制とアジアの主要市場への規制強化に5月16カ月連続で縮小されてい。

サービス産業の減少は、全体的な民間部門の活動を萎縮に導きコロナウイルス感染の増加を防ぐための措置が国の経済回復を妨げていました。

最終au Jibun Bank Japan Services Purchasing Managers」Index(PMI)は、季節調整46.5で、前月の最終49.5より3ポイント低下したが、フラッシュ45.7から上昇しました。

これサービス活動が昨年2月以降、毎月の拡張と縮小を区別する50.0しきい値の下に降りてきたことを意味します。

最近の結果は、今週初めに発表された製造業の姉妹PMI調査を裏付けるし、緊急ウイルス抑制に起因する工場の活動の鈍化を指摘しました。

木曜日の調査によると、企業は、先月、優れた輸出事業と新規輸出事業でより速い萎縮を見せ、需要不振による負担を強調しました。

IHS Markitの経済学者Usamah Bhattiは「日本のサービス経済は需要条件の急激な落ち込みに直面しました。

「パネルのメンバーは、COVID-19感染の急増とそれに伴うもう一つの緊急状態の実装が生産量と需要をさらに減少させたと強調しました。」

アンケート調査で、企業は大流行終息が国内外の需要をサポートすることを期待を引用しながら、今後1年の展望についてはまだ楽観的なことを示していたが楽観主義のレベルは、4ヶ月ぶりの低水準だった。

調査に含まれている分野には、小売業を除く輸送、不動産、通信、情報、ビジネスサービス、および消費者が含まれます。

製造とサービスの両方を使用して計算した最終的なau Jibun Bank Flash Japan総合PMIは5月48.8で、前月に拡大された後、再び縮小しました。

レポート:Daniel Leussink編集:Shri Navaratnam

READ  今日の株式は何をしていますか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close