スポーツ

日本のサービス部門活動は、感染症の間に初めて成長しています。

TOKYO(Reuters) – 日本のサービス部門活動は、コロナウイルス感染症が落ち着いた後、消費者心理が回復し、需要が全体的に増加し、10月に21ヶ月ぶりに成長しました。

政府は9月に新しい事例と死亡者が急速に減少し、医療システムへの負担が軽減されるにつれて、健康危機を抑制するために課された国家緊急事態の抑制を解除しました。

調査を集計したIHS MarkitのUsamah Bhattiエコノミストは、「日本のサービス部門企業は、活動がほぼ2年で初めて拡張領域に戻ったと報告した」と述べた。

「企業は、雇用創出率が3ヶ月で最低水準に落ちたにもかかわらず、段階的な需要回復を見込んで生産能力を構築し続けました。」

最終au Jibun Bank Japan Services購買管理者指数(PMI)は、季節調整された50.7で、前月の47.8でフラッシュの読み取り値と一致しました。

これは、経済が深刻なCOVID-19低迷を経験する前の2020年1月以来、サービス部門の活動が収縮と拡大を区別する50.0のしきい値以上を初めて維持したことを意味します。

20ヶ月連続下落は、グローバル金融危機当時の2010年3月までに27ヶ月連続下落した後、最も長い連続下落傾向だ。

一部の経済学者は、サービス部門の心理の強力な回復が、持続的なグローバルチップと部品供給の不足で打撃を受けている生産と輸出の鈍化を相殺することを期待しています。

PMIの調査によると、サービス部門は2019年11月以降に投入価格が最も大きく上昇したが、新規および優れた事業は全体的な事業活動の拡大にもかかわらず収縮を維持した。

製造業とサービス業を合わせた総合PMIは6ヶ月ぶりに初めて上昇し、9月の最終PMI 47.9から50.7に上昇した。

(Daniel Leussinkの報告、Sam Holmesの編集)

READ  一つ:Adiwangが日本の敵倒す

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close