経済

日本のシニア議員、東芝の活動家たちが短期主義を非難

東京、6月24日(ロイター) – 木曜日、日本の与党のある高位関係者は、Toshiba Corp(6502.T)の活動家、投資家が短期的な利益のみに焦点を当てていると非難し、経済安全保障を保護するために、そのような投資家のためのより良い監視を促しました。

前経済相兼与党自由民主党の影響力のある議員の甘利明の発言は、今月東芝幹部が外国の活動家、投資家に圧力をかけるために、政府と共謀した爆発的な暴露の後、東京で最も鋭い発言の一部です。

アマリはインタビューで、「厳しい監視が必要である。私たちは、日本の安全保障が脅かされないように注意深く観察しなければならない」と述べた。

彼は東芝が短期的な利益だけに関心があり、日本の「経済情報」の大企業の重要性を理解していない活動投資家に依存したのは、「正しくない」と述べた。

彼は「活動家、投資家たちは、高を売るだけと思う」と語った。

東芝幹部は2017年に米国の原子力発電所破産による危機的状況で6億円(54億ドル)の株式を数十個の外国のヘッジファンドに売却した後、活動家ファンドの圧力を受けている。

シンガポールに拠点を置くEffissimo Capital Management、3D Investment Partnersと米国のヘッジファンドFarallon Capital Managementは、東芝の20%以上を所有しています。

アマリは外国の活動家ではなく、日本の投資家が会社を救うために、東芝の投資すべきと述べた。

東芝は、金曜日の株主総会を開き、永山治会長の在任の決定的な投票を受ける。 もっと読む

($ 1 = 110.8600円)

Reporting by Takashi Umekawa and Kaori Kaneko; Editing by David Dolan

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のサービス部門は、健康危機が需要を打つと16ヶ月の間に縮小-PMI

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close