スポーツ

日本のシュガー、バイデンと中国を中心交渉のために米国に向かう

菅義偉首相は木曜日ジョーバイデン大統領との会談のために両国が中国の経済と軍事的影響力が大きくなっている状況で、両国の安全保障同盟の強さを示すためにワシントンに向かった。

今回の会談は、デンが就任した後、外国の指導者との初対面会議で、ドナルド・トランプ前大統領政権下で4年間の日米同盟の不確実性を後に従う。

日本の外務省は、シュガーが韓米同盟の「強い絆」を再確認し、民主的価値を守護し、中国のグローバルな影響力の拡大と領土権の主張に対応するための多国籍努力を議論することを希望すると述べた。

シュガーは東京羽田インターナショナルに向かう前に、「バイデン大統領との信頼関係を構築して自由、民主主義、人権、法治という普遍的価値に縛られている日米同盟を一層強化したい」と語った。 空港。

金曜日ホワイトハウスで行われた会談でシュガーは、自分とバイデンが「私たちのポリシーを比較して調整するものであり、自由で開放されたインドの – 太平洋地域を実現するための、日本とアメリカのリーダーシップを世界に示すだろう」と述べた。 “

日本の管理は、デンとシュガーが緊張が高まっている台湾海峡を含む地域の海の平和と安定を管理する方法を議論することが予想されると述べた。 両首脳は、また、香港と中国北西部腎臓地域の人権状況について議論する予定です。

日本は中国人の人権侵害の疑いについて、より穏やかなアプローチを取ったし、制裁を課すために、米国とヨーロッパの国に登録していない。 与党議員と元国防長官の中谷ゲンはシュガー政府が西欧民主主義に適合するために制裁を含む、より強力な措置をとることを促す超党派的な議会のグループを率いているが決定は下されていない。

日本は、この地域では、中国の軍事活動が増加しており、幅広い領土主張を安保脅威とみなされます。 日本は中国が東シナ海の中国のディア誤り(Daoyu)と呼ばれる、日本が制御する尖閣諸島に対する中国の主張に対して、中国との紛争に閉じ込められている。

他の場所では、中国が南シナ海で主張する紛争領土に軍事施設を建設する過程で、東京が懸念を表明しました。

一方、米国はコロナウイルス感染症、人権、香港の中国の政策、信者英、チベット、貿易など多くの問題について、中国と頭を突き合わせています。 南シナ海に対する中国の主張を弱体化させるために、米国の船舶は、いわゆる「航海の自由」作戦を定期的に実行して、中国が主張しようとする国際海域で航行します。

中国は膨張主義者であることを否定して領土権だけを守護してと言いました。 地域の平和と安定のための最大の脅威は、米国と呼ばれます

また、BidenとSuga間会談カードには大流行との継続的な戦いは、発展途上国支援のためのCOVID-19ワクチンの協力、中国にあまり依存しているサプライチェーンを構築し、気候変動が含まれている、日本の管理が言いました。

2050年までにカーボンニュートラル社会の達成を目標としたシュガーは、米国の指導者が会議の後、1週間後に、仮想の気候変動サミットを主催するこの問題を解決するための国際的な努力を主導するためにバイデンと緊密に協力することを希望と述べた。

___

https://www.twitter.com/mariyamaguchiのTwitterでMari Yamaguchiをフォローしてください。

READ  オリンピック:ケニア、日本の久留米でオリンピック前のトレーニングキャンプが再起動されると、スポーツニュースと主なニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close