トップニュース

日本のジョーカー攻撃者は「多くの人を殺したかった」 – 警察

東京、11月2日(ロイター) – バットマンのジョーカーを尊敬し、そのように憤慨したある放浪者が東京電車でハロウィン攻撃を行うために「多くの人を殺したかった」と数ヶ月にわたって彼の動きを計画し、使用するナイフを買った。 インターネットで警察とメディアは火曜日に話した。

多くのパーティーの参加者がハロウィーンのお祝いのために東京に向かい、乗客が電車の乗り物の通路を叫び、窓から飛び降りて逃げると、電車の客車に短時間火がついたナイフに刺され、防火攻撃が行われました。 。

警察のスポークスマンは、70代の男性1人が胴体にナイフで刺された重傷を負っており、残りの16人は軽度の怪我で治療を受けていると明らかにしました。

警察の広報担当者は、24歳の服部京太がジョーカーに変装して現場で逮捕された後、捜査官たちに「多くの人を殺したくて死刑を望んだ」と話したと伝えた。

映像の中、服部は攻撃前の客車の座席に座って静かにタバコを吸い、インターネットを通じてナイフを購入し、ライター約4リットルをペットボトルに入れて東京に向かった。 ハロウィンの衣装を着てパーティーを楽しむ人々でいっぱいだとメディア報道が出た。

捜査官に「仕事と友達と仕事がうまくいかない」と話した服部は、南西部の都市である福岡で仕事をやめて主要都市にしばらく滞在し、東に移動し始めた6月初めから攻撃を計画し始めたはずです。 彼が1ヶ月前に東京に到着するまで、その道に沿ってレポートが追加されました。

東京がブームビルを知っているのでハロウィンを選んだようだったハットリは午後にホテルを出て、若者に人気でハロウィーンストリートパーティーで有名な渋谷エリアに電車に乗りました。

その後、彼は市内の他の列車に乗ったが、人々でいっぱいの別の方向に乗り換え、そこで攻撃を行ったと報告したが、警察は確認を拒否した。

斎藤哲夫交通賞は、火曜日の記者会見で、政府は鉄道会社にさらなる攻撃を防ぐために境界を強化するよう指示したと述べた。

「電車は社会生活に不可欠であり、乗るときに安全性を感じることが非常に重要です」と彼は付け加えました。

Elaine Liesによる報告

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のSMFG、石炭火力発電所のすべての新規資金調達中止

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close