理科

日本のスタートアップ、低コストのカスタム病気予測を提供

AOMORI、日本 – 日本北部にある大学のある日本のスタートアップと研究者たちが個人の特性と生活様式を考慮した高精度疾患予測モデルを開発するための研究プロジェクトに協力しました。 同社は、人々が病気になる前に簡単に学び、リスクを減らして減らすことができるように、数百円(数ドル)の費用がかかるがんなどの病気のテストを開発するために使用する計画です。

広島に基づいたスタートアップミルテルと広崎大学研究員のプロジェクトは、大学が健康診断を通じて蓄積した医療ビッグデータとミルテルの遺伝子分析法を組み合わせたものだ。

大学はこれらの医療データに焦点を当てており、医科大学は最近、データ健康科学学科を開設しました。 Mirtelはまた、病気の症状前の段階に入るリスクを評価するための医療テストを実施してきました。

染色体の末端には遺伝子の運搬体であるテロメア(telomere)と呼ばれる構造があり、老化や健康でない生活様式により短くなります。 ミルテルのテストでは、血液を分析し、テロメアの長さを測定し、癌などの疾患の前症状の状態を予測します。

共同研究プロジェクトでは、Mirtelのテストは、大学の健康的な老化イノベーションセンター(COI)が過去17年間に広崎市の岩崎地域住民約1,000人を対象に蓄積したデータと組み合わせられます。

データは血圧、肥満度、家族との対話頻度、勤務環境など健康指標2000項目を毎年調査して収集した。 このプロジェクトは、これらのデータを使用して、予測の精度をテロメア測定で達成されたレベルに近づけることを目的としています。 これは一般的に総数万円に達する高価なテロメアテストを不要にし、テストコストを大幅に削減することができる。

「もし [the new method] 加藤俊也ミルテル社長は、「早くアクセスしやすくなると、病気の予防がより効果的で健康的な寿命を延ばすのに役立つだろう」と述べた。

さらに、健康記録がある人がミルテルの検査を受けると、データを結合して高度に個人化された病気予報を提供できるようになる。 共同プロジェクトでは、研究者は人工知能を使用してCOIが蓄積したデータを分析し、初めて健康診断を受けた個人にもこれらのデータを活用できるようにすることを目指しています。

MirtelのKatoは、血液検査のみを使用する疾患の予測は、検査のために組織を除去する生検よりも体に負担が少ないと述べた。 COIの健康診断は、血液に加えて唾液および尿検査を含む広範です。

「例えば、唾液を使用した予測モデルの開発につながる可能性があります」とKatoが語った。

COIは日本全土の12の大学に健康診断データを提供し、Suntory、Kao、Lionを含むほぼ50社と共同研究プロジェクトに参加しており、共同研究プロジェクトを拡大する予定です。 広崎県内で健康診断を行う場所を協力会社の研究員が訪れるプロジェクトの事例がたくさんあります。 コミュニティは現在、地域経済を活性化するためのCOIの努力に大きな期待を寄せています。

先月、再選に成功した桜田弘市広崎市場は、選挙運動でより多くの企業をCOIプロジェクトに参加させると公約した。

村下光一COI副社長は「参加企業と現地企業間の仲裁を通じて新たなビジネスが創出されることを希望する」と話した。 健康診断データは、多様なビジネスを創出できる強力な潜在力を持っていると付け加えた。

READ  NASAの巨大なSLSロケット:ガイド

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close