経済

日本のスタートアップ、2022年UAEローバー月に連れて行って

TOKYO-日本のスタートアップiSpaceは来年に天体のリソースのグローバルレースが熱くなり、アラブ首長国連邦プローブを月に連れて行く予定です。

UAEのMohammed Bin Rashid宇宙センターで開発されているプローブは、iSpace着陸に乗って月に移動します。 月面の科学的研究を行うことが期待される。

このミッションは、日本とUAEの間の継続的な宇宙開発協力の一部です。 7月には、UAE火星探査機がMitsubishi Heavy Industries H-IIAロケットの打ち上げました。 2018年MHIは、地球観測衛星であるUAEのKhalifaSatもリリースしました。

iSpaceの240kgランダーは高さ2.3m、幅2.6mです。 Elon Muskのロケット会社SpaceXがFalcon 9ロケットに乗って発射する予定です。 iSpace着陸が地球軌道上に配置されると、自主的に月に移動してプローブを着陸し下げます。

ランダーはソーラーパネルを電源として使用してプローブが地球と通信できるようにします。 また、バッテリーの月の性能を検査するNGK Spark Plugで作成した固体電池を搭載する予定です。

2010年に設立された東京に拠点を置くiSpaceは月までの輸送サービスを提供し、月資源の開発を行うために努力しています。 月に到達した最初の民間企業の一つになろうとします。

iSpaceは月探査に資金を支援するために、民間部門で1億3000万ドルを調達しました。 来年の処女航海と2023年に会社が独自のプローブを月に持っていく第二の航海です。

2022年のミッションのためにiSpaceはArianeGroupのようなメーカーのコンポーネントで製作される着陸を設計することです。 ドイツの会社は、主要な推進システムを提供することです。 着陸は、ドイツで組み立てられて発射のためにフロリダ州ケープ大きくカナロルロ発送されます。

月の競争が熱くなります。

2019年、中国は月の反対側に嫦娥4号を着陸させたが、これはすべての国で初めてです。 昨年、中国のChang’e 5探検家は、月にサンプルリターンミッションを遂行しました。

米国の商業任務は、商業探査と資源開発を目的とするNASAの商業月ペイロードサービスプログラムの一環として、今年予定されています。

政府が支援する日本の宇宙探査局は、来年の任務で月探査のためのスマートランダーと呼ぶこと送信することによって精密着陸技術を実証する予定です。

READ  外国人が日本株を2週連続売り

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close