経済

日本のスタートアップの子供スペース、計画された月探査を支援するために4600万ドルの資金調達 – TechCrunch

日本のスタートアップの子供、スペース(ispace)は、3年以内に3つの月着陸船の任務を完了するためにシリーズC資金調達を介して4600万ドルを調達した。

資金は2023年と2024年に予定され計画された任務の2番目と3番目の任務に使用されています。 ispaceが2022年下半期に実行することを目的とする最初の仕事は、早期の資金調達で提供されます。

Series Cは、日本のVC会社Incubate Fundが主導しており、Innovation Engineが管理するパートナーシップ、SBI Investment Co.、Katsunori Sago、Aizawa投資が管理するファンドとHiJoJo PartnersとAizawa Asset Managementが管理するファンドの追加投資を受けました。 Incubate Fundのispace投資は、2014年に会社のシードラウンドまでさかのぼります。

Ispaceの総資金は、現在、1億9,550万ドルです。

同社は先月、ドイツLampoldshausenの宇宙発射会社ArianeGroupが所有する施設で、2022年の任務のための月着陸飛行モジュールを構築し始めたと明らかにしました。 最初の任務であるHakuto-Rの着陸船は月に到達するために3ヶ月がかかり、これは主に推進体による追加の重量とコストを節約するためのものです。 サウジアラビアのMohammed bin Rashid Space Centerのための22ポンドローバー、日本の航空宇宙探査局(Japan Aerospace Exploration Agency)の月ロボットと3つのカナダの会社の搭載量を出荷する予定です。 ランダーはSpaceX Falcon 9ロケットに乗って月に到達します。

7.5フィートの高さのHakuto-Rは2023年第二のミッションでも使用されて、会社のその後の月探査ミッションをサポートするために、データを収集する小さなispaceローバーを寄託する予定です。 最後のミッションのためにToykoに基づいてスタートアップ米国でより大きな着陸船を開発しています。

Ispaceは長期的な目標を「民間部門企業が月にビジネスを持って来る関門」と説明しています。 同社は、宇宙ベースの経済に拍車をかけるために、特に興味がある。 ウェブサイト 月の水資源は、「未開発の可能性」を示します。

READ  価格.com - 期間限定で税込25,800円、gooがシャープ「AQUOS sense4 plus」発売

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close