経済

日本のステルス円介入は最大の影響を目指しています – 財務大臣

  • 日本は円を維持するために10月に記録的な430億ドルを支出しました。
  • 介入後150円未満の範囲でdlrに移動する円
  • 鈴木、過剰な円安のリスク警告
  • BOJ黒田、超低金利維持公約

東京、11月1日(ロイター) – 日本政府が先月円の支援に記録的な430億ドルを支出した後、日本の通貨介入は市場進出の効果を最大化するための秘密の作戦だと火曜日に語った。

しかし、黒田春彦日本銀行総裁は、円の幅広い下落が続く可能性を示唆する超低金利を維持するという中央銀行の決議を再確認した。

日本の管理者は、正確にいつ10月に市場に介入したかについて口を閉じています。 四半期ごとの介入データが公開されるまで、アクションの詳細は提供されません。 7-9月のデータは今月初めに発表される予定です。

鈴木は火曜日の記者会見で「介入をした直後に発表する時もあり、そうでない時もある」と話した。 「急激な為替変動を緩和するための効果を最大化するためにこうしています。」

財務大臣は、当局は市場の動きを注意深く注視しており、「投機取引による過度の通貨の動き」を容認しないと警告した。

日本が10月に円を支えるために通貨介入に6兆3500億円(427億ドル)を支出したと月曜日のデータによると、投資家は当局が円の急激な下落を緩和するためにどれだけ介入できるかについて手がかりを探しています。

円は10月21日ドルあたり151.94ドルで、32年の最低値に急落して介入が触発された可能性があり、10月24日には別のラウンドが続いた。 1998年、当局は彼らが介入したとすぐに確認しました。

10月21日の介入以降、円は心理的に重要なしきい値であるドルに対して150円下で動いています。 火曜日に、日本の通貨は1ドルあたり148.70で取引されていましたが、これは以前のセッションとほとんど変動しませんでした。

現時点では、通貨介入の可能性が円の弱さを妨げていますが、投資家は水曜日に終わる未来の政策会議を控え、より大きなボラティリティに備えています。

連준は、4年連続で基準金利を75bp引き上げると広く予想されており、経済が低迷に陥ることを避けるために、いつより小さい金利引き上げに下方転換すべきかを議論しています。

急激な円の下落に対処する責任が中央銀行ではなく政府にあるという信号で、BOJの黒田総裁は、近いうちに日本の超低金利を引き上げる可能性を排除しました。

黒田総裁はこの日議会で「日本経済は依然としてコロナ19ファンデミック(世界的大流行)の余波から回復する段階にあるため、緩和的通貨政策で経済を支える必要がある」と話した。

黒田は、一部の政治家の批判を無視し、BOJの超緩和政策を維持しようとするBOJの決議が、円の下落を抑制する政府の努力と一致しない。

黒田は「私たちの政策と政府の政策はお互いを補完する」と話した。 「BOJが政府と緊密に協力しなければならないという疑いの余地はありません。」

($1 = 148.6100円)

柴本哲本の報告 Kim Coghill、Kenneth Maxwell、Edmund Klamann 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  2%に達するのに永遠にかかりました。 今高すぎる

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close