スポーツ

日本のスポーツコーチングとセクハラ仲裁

2021年4月、日本オリンピックとパラリンピック国連盟と関連する紛争を処理する日本スポーツ仲裁機関(JSAA)は仲裁(JSAA-AP-2020-003)を発表しました。[1])スポーツコーチングとセクハラに関連して重大な問題を提起します。

男コーチは、女性選手がフォアハンドを振り回すときのバランスを認知することができるようにラケットを握っている女子選手の右手と右ひじをダブル触れラケットの動きなどを調節して、再び触れたという。 知的障害者の国際卓球大会会場で行われた試合前​​のコーチング30分間、自分の同意なしに、右膝をの方向を調整するようにする行為。

この事件では、まず、被害者である女性選手が、全国知的障害者卓球連盟の人のコーチの上の主張のような不適切な行動を申告した。 外部の弁護士で構成され、コンプライアンス委員会と調査委員会は、調査を通じて、上記のセクハラの主張を摘発しコーチの「地図」制裁を加えた。

選手は連盟の調査と並行して、日本体育会(JSC)スポーツ内暴力や嫌がらせについて第3者委員会に事件を報告しました。 委員会は、上記の行為を含む、そのコーチの不適切な行動を確認し、国家連盟に適切な措置を勧告しました。

JSAAパネルは一回限りの身体接触や、短い時間であってもセクハラになることがあると判決した。 しかし、パネルは「コーチの行動は、競技場の多くの人々の前でコーチングのために必要な最小限の身体的接触と非常に限られた時間(最大数秒、数秒)に過ぎなかった」とセクハラを否定した。 30分の練習中)性行為であることをするのは難しい。

今回の決定の核心は、パネルが「コーチングに必要な最小限の物理的な接触」を考慮した点である。 パネルは、このような決定の前提として「スポーツでのコーチングとトレーニングは口頭指導だけでなく、ある程度の物理的な接触を含む必要があり、実用的な指導とコーチングは物理的な接触が含まれなければならない。

これに関連し、2020年に「多くの音をされた」を出版したHUMAN RIGHTS WATCHのも、このカナさん [2]、日本のスポーツ児童虐待の現状の概要、コーチング時物理的な接触が不適切だと指摘[3]。

スポーツで若者を性的虐待から保護するための法律が開発されているオーストラリアでは、スポーツコーチングで、適切な物理的な接触が何なのかについての議論がありました。 ただし、例えば、コーチングのために物理的な接触が必要な場合であっても、各選手の理解と同意がなければ、適切なものとみなす。[4]。

2013年、日本のスポーツコミュニティ(日本のオリンピック委員会は、日本のパラソート協会などで構成)は、スポーツ、暴力撤廃宣言を発表しました。[5]スポーツ、コーチングでセクハラを含む暴力行為を拒否した。 宣言には、コーチが「スポーツをする人々の必要性と資質を考慮して、自分で考えて判断を下すスポーツをする人々の能力を開発するために努力しなければし、 スポーツをする人々と常に信頼する関係で疎通するために努力します。“(著者が強調)。

日本のスポーツ界のこのような傾向とは異なり、この賞は、スポーツコーチングという名前のセクハラが容易に起こることができると客観的に想像することができているにもかかわらず、コーチングでの物理的な接触は制限なしスポーツコーチングに自然に含まれるメッセージを転送します。 。 単に物理的な接触をスポーツコーチングに認識することが適切であることに同意しません。

セクハラ防止の観点から、私は選手の安全を確保する場合を除いて、コーチが選手の身体に触れることを義務付けたときに、少なくとも適切な説明が必要だと考えている。 その効果を付与してプレイヤーの同意を得なければします。[6]。

この場合、パネルからわかるようにコーチと選手の関係が良くない文脈で発生しました。 少なくともパネルはコーチが自分の意志に反する行動をしたと疑わなければならなかった。

パネルも選手に直接聞くことができないという事実をセクハラを否定する根拠として使用したものと思われる。 ただし、この場合のポイントは NS 問題は、連盟が監督に対して適切な懲戒措置をとるのか、監督が選手にセクハラを犯したかどうかであった。 事実そのプレイヤーは事件の当事者ではないでした。 したがって、プレイヤーの声が聞こえないという理由で嫌がらせ自体を否定することは、最終的にNS コーチの主張する。 それは不公平必要があります。 パネルは、プレイヤーへの思いやりが不足します。

パネルは、「選手がセクハラや暴力を告発する勇気がある場合、当事者は、事実を確認した後、その選手の悲痛な哀悼に応じて、嫌がらせの再発防止や被害救済のために迅速かつ適切に対応しなければならない」と述べた。 声」としたが、その後、セクハラ自体を否定するより代表コーチの懲戒事由を証明していたと思われることで十分だろう。実際にセクハラの事実を否定することは、自分の悔しい声を提起したプレイヤーに2次被害に続く。

この決定は、パネルが意図したものではないかもしれないが、少なくとも上述したように、スポーツコーチングがどうあるかについて間違った考えに基づいており、これは暴力撤廃宣言の傾向にずれることができます。 そして先例に記載されてはならない。

この事件は、JSAA像発表される前に、全国連盟委員会は、JSC第三者委員会とJSAAパネルで三回検討された。 JSAAのパネルは、プレイヤーの言葉を聞くことができなかったプレイヤーは、少なくとも2回の応答が必要だった。 選手に物理的にも精神的にかなりの負担にならないかという気がする。 したがってJSCの第3者委員会が組織した専門家たちの実態調査をもとに、JSAA紛争を解決するなど、選手の負担を軽減し、選手たちの二次被害を防止することができる制度を設ける必要があると思う。 スポーツ連盟外部から中立的な位置にあります。

READ  ホンダF1特集:オクラホマのF1初優勝で応えアルファ他私たちとの縁[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close