理科

日本のスーパーコンピュータ富嶽、コロナ19研究支援



2021年3月9日に神戸でスーパーコンピュータ富嶽が本格的に稼動されることを記念するために、テープカットイベントが行われます。 (毎日/小出洋平)

神戸(教徒) – 計算速度の面で世界最速の日本の富嶽スーパーコンピュータが新型コロナウイルス関連の研究に活用されることを希望して、当初の予定よりも早い火曜日に本格稼動に入った。

スーパーコンピュータはMt. Fujiは昨年4月のウイルスを運ぶことができる水滴が口からどのように広がるか視覚化し、ウイルスに起因する呼吸器疾患であるCOVID-19の可能な治療法を模索するために部分の手術を開始しました。

開発者Riken研究所の松本浩(Hiroshi Matsumoto)開発者理研研究所長のイベントで「Fugakuは、前任者Kができなかった人工知能(アプリケーション)とビッグデータ分析を含むことができることを行うことができますので、人々に愛さ受けるよう望む」と述べた。 インストールされている神戸のRiken Center for Computational Scienceから

毎秒442兆以上の演算を実行することができるFugakuは、元の4月からの会計年度に本格稼動を開始する予定でした。

国が後援するRikenによると、これは結局、気候と人工知能アプリケーションなどの分野で活用されるものであり、100以上のプロジェクトに使用されるとします。

日本のコンピューティングメーカーのFujitsu Ltd.が共同で開発したスーパーコンピュータは、6月に二回開催される米国 – 欧州TOP500プロジェクトで初めて計算速度が世界で最も早く、11月に1位を維持した。

また、スーパーコンピュータは、産業用、人工知能アプリケーション、ビッグデータ分析などのコンピューティングの方法の性能を測定する他の3つのカテゴリーで1位を占め、2つの連続ランキングで4つのカテゴリを支配した世界初のスーパーコンピュータとRikenは言った。

以前のモデルであるKスーパーコンピュータは、2019年に廃止された。

READ  アレシボ天文台の電波望遠鏡が崩壊する様子を捉えた動画| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close