日本のタバコ、ロシア事業の維持 – タバコ記者

Estimated read time 1 min read

Japan TobaccoのCEO Masamichi Terabatakeは、制裁を遵守するためのサプライチェーンの再編にもかかわらず、投資家を満足させるためにロシアの事業を継続すると発表しました。 ファイナンシャルタイムズ

新聞によると、JTは一部の事業をトルキエを通じて移転し、コア人材を香港に移した。 JTは、もともと2022年のロシアのウクライナ侵攻以降、ロシアの事業の売却を検討すると発表した。 Terabatakeによると、ロシアはJT全体の利益の20%を占めています。

寺塚氏は「例えば、私が事業をやめると言うと、投資家が損失リスクに直面する可能性がある」と話した。 「最悪の状況がさらに悪化すると、継続できる事業を中断すると株主訴訟に遭うリスクもあります。」

JTはロシアに4,000人以上の従業員と4つの工場を持っており、ロシアに残っている最大の外国企業の1つです。 2023年のJTの全体的な利益は4,820億円(30億ドル)でした。

彼は「制裁からどんな人が意思決定に介入できるのか、ロシアの経営に非友好的な国家出身者を除外するのか、香港など制裁と関係のない人を配置するまで注意すべき事項が多様だ」と話した。 ロシアに対する広範な制裁以来、JTの新しい構造のテラバタケ。 「しかし、それ以外はいつもと変わらず行われます。」

彼は「例えば、ロシアと貿易ができない国があるため、我々はトルキエから物品を送るなど、一種のリングフェンスを確保するために様々な努力を傾けている」と話した。

制裁以来、多くの企業や投資家がロシアを去った。 しかし、フィリップ・モリス・インターナショナル(Philip Morris International)を含む一部の企業は残余を選択しました。

日本もロシアに制裁を加えた。

Terabatakeは、「最初は事業の継続に関する評判について疑問があったのは事実ですが、最近は問題が少なくなっています」と述べました。 「人々がJTが事業を続けている理由を知りたいと思う場合は少ないです。 [in Russia]」

JTは、利益がロシアからどのように外れ、株主に戻るのかについてまだ投資家に答えていません。 今日まで、ロシア企業は2022年と2023年の財務結果から配当金を支払っていません。

寺塚氏は「最悪の場合」ロシア事業部を分割または売却する準備ができているが、現在の制裁体制ではそれが必要ないと述べた。

READ  1,000万円に引かれて、マイナスポイントは「メルペイ」に決めた - Impress Watch
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours