トップニュース

日本のダイヤルアップ防衛野望の緊張

コメント

日本は、防衛能力をどの程度まで拡張できるのか、それに対するコストをどこで見つけることができるかという二つの大きな決定を下す直前にあります。 日本が居住する交戦地域は、有権者が歴史的により積極的な軍隊について感じた両面性に関係なく、国家安全保障にもっと多くの資源を投入しなければなりません。

岸田文夫首相は、競争する戦略、選挙、予算の優先順位を調整する必要があります。 彼の好意は、日本の内部政治の重要な変化です。 一世代前だけでも出入禁止区域だった国防・外交問題が、今や政治家たちが自由に放送している。 神戸神戸は、変化の原動力と同じくらい変化を反映した。

経済は莫大な国防費に備える準備ができており、国家は人口減少で武装したサービスをどのように支援しますか? 私は外交委員会のアジア太平洋研究の上級研究者であり、日本の外交および政治に関するいくつかの本の著者であるSheila A. Smithと話しました。 会話は明確さと長さのために編集されました。

Daniel Moss:過去20年間、日本の戦略的態度はどのように変わりましたか? 安倍が扇動したのか、単に伝えたのか?

Sheila A. Smith:彼はいつも売り切れていて、日本がもっと自立したいと思っていました。 彼が在任している間に集めた作品がいくつかある。 一つは、中国の負傷で勢力のバランスにおいて非常に重要な変化です。 日本と日本の複雑な過去関係と両国の政治体制の違いがそこに溶け込んでいます。 それで日本はアプローチを再考しなければなりませんでした。 また、より独断的なロシアや北朝鮮とも戦わなければなりません。

安倍はしばしば右翼として描かれる。 私はそれが彼を理解する正しい方法であるかどうかはわかりません。 彼は日本の戦後経験を解釈する保守的なほうにいたし、アメリカの城門憲法について大きく不便だったし、日本がいつも謝罪しなければならないとは思わなかった。 2012年から2020年に辞任するまで、あなたは自分が導きたいという願望と批判的に変化する世界に直面した日本を受け入れる男を見ました。 交差点がありました。

DM:与党自民党はどこまで変わったのですか? 世界中で中道右派政党はさらに右翼と民族主義になりました。

SS:多くの民主主義国家で報酬の右派もポピュリズムになり、既得権は減りました。 これが自民党との差だ。 政党は近年、ポピュリズムの傾向を受け入れずに、より保守的に変貌しました。 安倍以来、より強力な軍隊を望む自民党のかなり多くの人々が国防費を国内総生産(GDP)の2%まで引き上げたいと思うことが分かります。 彼らは核兵器をサポートしていませんが、抑制手段として従来の武器を使用して敵に手を差し伸べて接触させることを望んでいます。

これらは非常に右派な見解でした。 これ以上ではありません。 あなたは世代交代をしています。 自民党の指導部は、以前に禁忌したものを取り出すのにはるかに積極的です。 これは、すべてが軍事力を誇示し、自制が日本が自らを守る最善の方法であるかどうかについての質問を引き起こす地域を反映しています。

DM:日本は言うまでもなく、すべてがアメリカにアウトソーシングされたと思う人たちにまだ会っています。 実質的に日本は防衛産業でどれだけ大きい選手か?

SS:伝統的に、日本の指導者たちは、グローバル防衛産業を日本企業が走らなければならないところと見ていませんでした。 1950年代には日本が武器を販売してはならないという制限が採択されました。 安倍が公開した。 安倍時代には武器市場に参加するように励まし、求められました。 彼らは重要かもしれませんか? 私たちは見ます。 日本産業の場合、防衛産業は運営のほんの一部に過ぎません。 しかし今、彼らは外に出て、彼らができることを示すことが期待されています。 経営陣が完全に参加しているとは思わない。 彼らは自分のブランドが軍隊にあまりにも関連していると評判のリスクが高いと思います。

もっと広くは、日本がすべてをアメリカに委任したという事実ではない。 防衛費支出と投資に対する信頼できる推定値は、日本が円に応じて継続的に上位10位以内に入る傾向があります。 フランスやイギリスとあまり変わりません。 日本はNATO同盟国とほぼ同じです。

DM:政府は日本の防衛戦略の包括的な検討を始めました。 それがなぜ重要であり、可能な結果は何ですか?

SS:新しい国家安全保障戦略文書が発行される予定です。 最初のリーダーは2013年に安倍晋三(Abe Shinzo)でした。 したがって、これは日本の2番目の声明です。 爆弾や弾丸ではなく、すべてを1か所にまとめることが重要です。 日本が世界で自分の利益を達成するために何をしなければならず、どのように進めるべきかについてです。 2013年、中国の言語は、私たちが次の言語で見ることになると思うよりもかなり穏やかでした。 ロシアはウクライナ侵攻以来最も懸念される状況になります。 北朝鮮はミサイルと検知されていない発射能力を勘案する時、依然として問題となっている。

次期国防10カ年計画に対する内閣の決定も来る12月にある予定だ。 ここでは、岸田が守備についてどれほど真剣なのかを知ります。 10カ年計画の中には、日本がいくら費やして何を使うかについての5カ年計画が含まれます。 うまく処理する必要があるもう1つの問題は、反撃能力の問題です。

DM:日本は一番お世話になっている国の一つです。 これらすべての資金をどのように調達しますか?

SS:どのように費用を支払うのかわかりません。 負債返済は日本予算の23%程度です。 社会保障は約3分の1です。 予算には多くの自由度がありません。 GDPの2%程度は確信できないが、参考にしてみよう。 昨年日本はGDPの約1.3%を国防費で支出した。 2%に達すると、基本的に2倍になります。 大きいですね。

キシダは特定の数値を保留し、代わりに一定期間のかなりの支出について話すことができます。 私たちは彼の起動を見ていきます。 彼は支出が実証可能な方法で増加することを示さなければなりません。 彼はジョー・バイデンに約束した。 それで、それはどこから来ますか? ゼロ島です。 日本経済が本格的に飛躍しようとしているわけではありません。

DM:日本憲法9条は、戦争を主権的権利であり、紛争解決手段として放棄しています。 また、その目的を達成するために病歴を維持しないと言います。 憲法を誤って理解していますか?

SS:人々は9条が日本が何もできないことを意味するという考えを持っています。 これは正しくありません。 一種の自己防衛が必要です。 どのくらい必要ですか? それが政治的弾力性であり、安倍が限界を越えようとしたところです。 日本が自衛隊創設当時の1950年代初め、国会審議を見ると、核という言葉を一度も使わず、核のコードである現代武器を話す。 自己防衛のために必要な場合は禁止されません。 そこに解釈が入ります。

それ以外にも、日本の大衆の間には、武器システムが議論されたときに大きな関心を持つ非常に敏感なアンテナがあります。 従来のストライキ論争でも、公衆の反応は非常に興味深いでしょう。 中国にはミサイルがあり、北朝鮮にはミサイルがあり、ロシアにもミサイルがあるので、私たちにも必要だと言う人がいるでしょう。 しかし、これが私たちが行く準備ができている場所を超えて戦争の機会を増やすと言う多くの人々がいるでしょう。 ここで必要なバランスを無視してはいけません。

DM:日本には人口統計学的問題がたくさんあります。 減少する人口と限られた移民の欲求を軍の増強とどのように調和させるか?

SS:人口高齢化による財政的負担があります。 これは私たちを引き戻し、予算を引き付けます。 より高い軍事費支出という名目で年金改革を推進するのは難しいことです。 それで、あなたはより多くの自動化を見るでしょう、そして女性が奉仕することをもっと強調するでしょう。 女性が指揮官の座を占めるのを今見始めました。 より多くのロボットがあるでしょう。 規模の経済を達成するために、日本の技術力を利用する国際武器市場が開かれる場所です。 戦闘ドローン、水中ドローン、監視、偵察にはるかに焦点を当てます。 採用問題があります。 人口統計学的に大きな挑戦。 これは日本がどれだけ早く配置できるかという意味があります。

Bloombergのコメントでもっと見る:

•KishidaはAbeの偉大な未実現の夢を達成しなければなりません:Gearoid Reidy

•安倍の偉大な政策遺産が不安になり始める:ダニエルモス

•安倍の最大の遺産は経済的ではなく軍事的遺産です:James Stavridis

このコラムは、編集委員会やBloomberg LPおよびその所有者の意見を必ずしも反映しているわけではありません。

Daniel Moss はアジア経済を扱う Bloomberg Opinion コラムニストです。 以前は、経済部門Bloomberg Newsの編集長を務めていました。

このようなより多くの物語は、以下で見ることができます。 bloomberg.com/opinion

READ  日本でCOVID-19の予防接種後じんましん、冷えて

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close