トップニュース

日本のチップメーカーRapidus、資本支出が必要な上場を検討 – Kyodo

東京、5月3日(ロイター) – 日本のマイクロチップメーカーRapidusは、技術開発に約2兆円(147億1000万ドル)が必要だと推算し、このために政府の中長期支援を要請すると会社会長が京都ニュースに言いました。 代理店。

同社はまた、大量生産資金を追加で3兆円が必要であり、そのための資本調達のために上場を検討していると水曜日に発表されたインタビューで、東鉄としてRapidus会長が語った。

西村康志産業部長官は、 先週 政府は700億円の資金のほか、2600億円の追加補助金を支給する計画だ。 Rapidusは、日本北部の主要島である北海道に最先端の2ナノメートルチップ工場を建設する計画です。

東はインタビューで3兆円を集める方法として「企業公開は会社の基盤を形成する主な手段」だと述べた。

($1 = 135.9500円)

レポート: Sugiyama Satoshi 編集: David Goodman

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本に帰ってきたマキイトーは来月、アメリカに帰ると言った。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close