日本のテツヤトミナが東京初演映画「Who Were We?」にどのように最高の人材を集めたのか? | 特徴

1 min read

日本の孤独な島へのこだわりは、監督トミナ哲也とプロデューサーの波中中美奈にインスピレーションを与えて作られました。 私達はだれだったか。今年、東京国際映画祭競争部門に出品した作品だ。

過去を覚えられない失われた二人の魂の話を描いたこの日本長編映画は10月25日TIFFで世界初演を経て2024年日本で公開される予定だ。 HKIFFコレクションは、この映画の世界的な著作権を獲得しました。 フェスティバルが始まり、中国本土の著作権はすでに北京ジャングルジム文化メディアに買収されました。

私達はだれだったか。 2018年に続き、トミナの2番目の長編映画だ。 青い風が吹く日本本土の北西海岸に位置する使徒島を背景にした作品です。

「日本では、使徒はかつて有権者が送られた場所としてほとんど知られています」とトミナは言います。 画面。 「それでかなり否定的なイメージがありました。行ってみると、人々の友好的な態度と素晴らしい食べ物、そして自然に感動しました。 東京のような場所では見られない風景があります。」

最初の長編を撮影する間、トミナはサドの風景の特別な特徴にショックを受けました。 400年にわたって島で起こった広範囲の金は、採掘で山が割れた山でした(この鉱山は1989年まで運営されました)。 その山は 私達はだれだったか。しかし、死と復活というテーマに触発されたと監督は言います。

「使徒を調査し、多くの人々が強制労働をするようになり、そこでひどい労働環境に直面して死亡したことを知りました」とトミナは言います。 「私はその魂のいくつかがまだ島を離れているかもしれないと想像していました。

山は映画の視覚的なスタイルにも影響を与えました。 監督は、フレーム全体を埋めることができるように、4:3のアスペクト比で撮影することにしました。

最高の人材を引き付ける

トミナと波多中が所属するテツヤトミナフィルムが製作した 私達はだれだったか。 監督が映画製作者としての「生理的本能」に起因すると考える意図的で、なだらかなスピードが染み込む。

「私は感情や感情があまり表れない映画が好きではありません」と彼は言います。 「私が本当に好きなのは、単に聞こえるかもしれませんが、俳優が自分の役割に単に「そこ」にいる時です。 私のお気に入りの映画は、ストーリーテリングではなく、画面に登場する人々の存在に基づいています。」

私達はだれだったか。

〜の中 私達はだれだったか。、画面には主演小松菜々と松田龍平、助演を務めるベテラン田中民と大竹しのぶが含まれています。 神松は中島鉄也の駅で有名です。 かなこの世界 そしてマーティン・スコルセジ 静けさ 松田のクレジットには、大島なぎさのクレジットが含まれます。 タブーかん競争戦に参加した石井由也の作品 グレートパッセージ そして大谷健太郎 ナナ

トミナは夫と妻の波中中と共に「小型映画」のためにA級俳優たちを引き寄せた理由の一つとして、使徒のユニークな環境で撮影する機会を挙げました。

「この映画は非常に超現実的な映画です。誰がこの映画を現実にすることができるかを考えたとき、松田龍平が思い浮かび、小松菜々が彼とよく似合うと思いました」とトミナは言います。 「どちらも私たちの最初の選択であり、どちらもそうだと答えました。」

トミーナは「初期の観客の大部分が(小松と松田)のファンになると思います」と語っています。 「市場で最もアクセスしやすい映画ではありませんが、彼らが楽しむことを願っています。 彼らに興味深い経験になってほしい」と話した。

他の惑星

トミナはイギリスのロンドン映画学校で映画制作を勉強しました。 これが彼にほとんどの日本映画制作者たちと違う視点を提供するかという質問に、彼は比較すらできないほど主流の日本映画制作者たちと十分に触れたことがないと話しました。

「私は日本の業界とは違う惑星にいると思います」と彼は言います。 「私は私が知っているように仕事をしているだけです。」

業界経験の多い畑中プロデューサーもこれに同意します。 「そうでなければ、この映画は日本の現在の環境で作るのが難しいと思います」と彼女は言います。

カップルであり映画制作チームとしての関係について、波中中はメリットのひとつは「目が覚める時から寝るまでずっと一緒に映画について考えているので、ある意味では時間を無駄にしないでください。」

「こんな小さな映画では、信頼はとても重要です」とトミナは付け加えます。 「そういう意味では大きなメリットです」

今後、トミナと波多中は2本の映画を事前制作中で、そのうちの1つは使徒を背景にしています。

READ  ITFカラーブラギーオープン:ラムクマール・ラマナダン、決勝戦でフィヒラーと対決
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours