エンターテインメント

日本のテニス選手Kei Nishikori、大流行に東京オリンピック開催を懸念

ローマ – 日本のテニス選手Kei NishikoriはIOCと地域のオルガナイザーが東京オリンピックで「数百」または「数千」のコロナウイルスの例の最悪のシナリオを計画するのに十分なのかについて疑問を持っています。

または感染症が原因で、東京と日本の他の地域での緊急事態が拡大されたときのオリンピック開催がまだ可能かどうか。

Nishikoriは初優勝した後、「彼らが何を考えている分からない、彼らはどのようにバブルを作らについてどのよう考えているのか分かりません。これは、このトーナメントのような100人ではないからです。」と言いました。 月曜日イタリアのオープンでラウンドの試合。

「村に1万人が住んでいます。だから、私は容易ではないようです。特に今、日本で起きていることがそうです。良くありません。そうですね。 [just] 日本今、全世界を考える必要があります。 “

Nishikoriはオリンピックの疑問を表明するテニス選手の一人です。

Serena Williamsはコロナウイルスプロトコルにより3歳の娘を連れて行くことができない場合は、日本に行かないと提案した。

「私は彼女なしの24時間を送らなかったのでそのような質問自体に対する答えを獲得しました。」とWilliamsは言いました。 「この流行があり、考えることが多すぎます。」

そして日曜日に2位のナオミ大阪はオリンピックの地位について葛藤をもたらした。

「もちろん、私はオリンピックが開かれるしたいと言いたい。なぜなら、私は運動選手だからです。それは私が一生待っていたのです。」大阪は言った。 「予期しないことがたくさん起き、それが人々を危険にさらす人々を非常に不快にさせたならば、明らかに議論する必要があります。今すぐだと思います。」

日本はCOVID-19のために11,000人の死者が多くの国よりも良いが、アジアでは不良であった。 ウイルスとその拡散の亜種は、ワクチン接種を受けた人口の2%に過ぎない日本の医療システムに負担を与えています。

日本の世論は、伝染病の真ん中オリンピック開催に反対しています。 世論調査に参加した日本人の60〜80%が、オリンピックをキャンセルしたり、延期しなければならないと言いました。

しかし、地域主催の国際オリンピック委員会は、すでに1年延期されたオリンピックが7月23日予定通りオープンすると主張した。

Nishikoriは「まだ2、3ヶ月が残っているということを知っています。今のところ言うのが大変です。」とNishikoriは言った。

前のUSオープン決勝進出者であり、日本の最高の男子選手だった45位錦織はオリンピックが今開幕すれば大会の開催が “本当に難しいだろう」と述べた。

「運動選手だけを考えるとすることができると考えている」と彼は言った。 「良い泡を作ることができればできるかもしれませんが、少しのリスクがあります。 “

“[What happens] 村に100件ある場合… [or] 何千人? 「錦織が尋ねた。「本当に安全プレイすることができる方法については本当に議論する必要があります。 “

READ  ウースター美術館の年次「冬の花」が今年の仮想化されます。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close