経済

日本のデジタル化を支援するロボット大臣

あなたの国で最も優れた脳を持つ人が作り出した複雑でディテールで完全なアニメーションロボットドッフルギャングを紹介すれば、あなたが言えることはほとんどないでしょう。

その正確な設定に直面して、日本のシシピアンデジタル大臣である太野太郎(Taro Kono)は、「予算委員会会議でそれを喜んでいます。」

一般的に私は日本国民の本能的な本能との投機戦争で日本国家を率いる任務を引き受けた政治家の河野血統に対して多くの共感をする。 59歳のコノは去る8月、全国的にアナログ中毒から抜け出すことを引き受けた以来、鋭く桃のかけらを持って騎兵隊に立ち向かう男のように見えました。 しかし、今や必要な武器を装備し、国家代表になる危険があります。

コノボットの目標の1つは、日本のデジタル改革のための現実的な計画の中心にあり、事実上100%の国家参加を必要とする政府のデジタルIDシステムの発売を促進することでした。

しかし、Kono-botとそれを生み出した革新的なエコシステムは、多くの状況で非常に印象的ですが、この状況では役に立たない妨害要因です。 今は日本のデジタル改革が技術に関するものですが、実際には人と政治に関するものだという考えを機械が永続化する時ではありません。

人口が高齢化し、あまりにも減少する前に気になる日本をデジタル化しようとするコノは、2つの主要な障害に直面しています。 まず、日本の中小企業部門全体にわたって様々な形で適用されます。 Kono自身は、独立した酒類の販売店に関してそれを説明します。 厳格な規則によれば、酒を販売する場所に有給の資格を持つ監督者が物理的になければなりません。 たとえば、1人の監督者が複数の店舗をリモートで監督できるようにすることで、デジタル化しようとする試みは、少ない数の監督者が必要な大規模な競合他社に提供される不当な利点を指摘する店舗所有者の抵抗に直面します。 中小企業は日本の労働力の80%を雇用しているため、リトル・ラダイト集団が加える政治的脅威はありません。

2番目の問題は、より大きな対立を確立します。 多くの日本人は政府と情報を共有する際に非常に苦悩しています。 個人情報を積極的に大切にします。 政府のさまざまな部門が保持する個人データをデジタル化および統合するMyNumber IDカードシステムは、発売から6年以上経ちました。 目標は、誰もが3月までに登録し、カードを発行することでした。 しかし、国の半分未満が1つを得るために面倒だった。

たくさん ホールドアウト 彼らは何十年もの間彼らの指を避けていた税務当局にデジタルで近づくことができるすべてを警戒しなければなりません。 しかし、ほとんどの人にとって最大の躊躇は直感です。 人々は、単一のカードの利便性と効率性、そしてエストニアや他の北欧諸国などのパイオニアのために働いてきた政府サービスの一種のデータベース化とデジタル化を見ることができます。 しかし、これは政府が個人情報を安全かつ丁寧に処理する能力についての不信で相殺されます。 数回の世間の注目を集めるデータ漏洩は、これらの認識を変えなかったでしょう。

問題を強制できるKonoの権限はかなりです。 2024年、日本は既存の健康保険カードを廃棄し、事実上すべての人がMyNumberカードに交換し、データを譲渡することを義務付けます。 Konoは人気がありませんが、少なくとも一般の反発を共有するロボットがあります。

フォローする @FTMag Twitterで私たちの最新の話を最初に学びましょう。

READ  Metaverseは未知のビジネスエリアを開きます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close