日本のデジタル給与支払サービスプロバイダーへの申請手続きの開始

Estimated read time 1 min read
読売新聞社ファイル写真
日本ガス株式会社のスタッフは電子マネーの費用とボーナスを受けることができます。

ペイペイは、サービスプロバイダーの申請手続きが始まった土曜日のデジタル給与支給事業への進出を申請した。

最大のスマートフォン決済サービスは厚生労働省に通知を提出した最初の大企業でした。

au Payサービスを提供するKDDI Corp.は、早ければ月曜日に申請する計画であることが知られ、R Pay事業者であるRakuten Payment, Inc.とNTT Docomo, Inc.も申請を検討していることが分かった。

デジタル給与支払いにより、従業員は支払いアプリを通じて給与を受け取ることができ、銀行口座の使用を避けることができます。 11月に関連する長官令の改正により、アプリアカウントに最大100万円を保有できます。

政府は、このシステムが現金フリーの支払いにさらに多くの推進力を与えると期待しています。 お支払いアプリを頻繁に使用するユーザーは、銀行口座でお金を請求する必要はなくなりました。

申請書を提出した後、サービス提供者は教育省の審査を受けます。 各サービスがリリースされるまでに数ヶ月かかると考えられます。 破産の場合、企業は関連する損失をすべて返済する必要があります。

READ  偽のチップがサプライチェーンに滑って入り、業界関係者が警告します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours