経済

日本のデパート、コロナ19急増にお客様進入制限

東京と大阪の主要なデパートは、コロナウイルスの拡散を防ぐために、地下の食料品コーナーで、お客様の入場を制限し始めました。

今回の措置は、木曜日、政府にCOVID-19の措置について助言する専門家パネルが人々の移動を制限するための強力な措置を要求した後、出てきたものです。

日本の百貨店協会は金曜日コロナウイルス緊急事態が発生した地域の会員店により厳しい予防措置をとることを促しました。

具体的には、緊急事態が発令される前の7月に初めの流動人口を基準に食品コーナーに許容される顧客数を半分に減らすように頼まれた。

金曜日大阪ではHankyu Hanshin Department Store Inc.のHankyu Umeda店は、食品を販売している地域の地下入り口を閉鎖しました。 つまり、エスカレーターのみ行くことができます。

親会社H20リテイリングの広報関係者は「最も混雑する可能性が最も高い阪急梅田店からスタートし、必要に応じて他のアクションを取るだろう」と述べた。

東京では、土曜日からIsetan Mitsukoshi Holding Ltd.が運営する5つの店が食品コーナーの立場数を減らしています。

セブン・アンド・アイ・ホールディングス子会社であるそごう・アンド・西武が運営する7つの店は、前の層の顧客の出入りを制限している。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本の高齢者介護の経済は、インドに機会を提供しています

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close