経済

日本のデパートの売上は2021年に小幅に増加しましたが、ファンデミック以前のレベルには及ばなかった。

日本のデパート売上は2021年約4兆4000億円で前年比小幅増加したが、コロナ19発病以前の水準には及ばなかったと消息筋が土曜日に語った。

ウイルスの拡散でデパートが長期間閉鎖された2020年の4兆2000億円で、売上は約2000億円増えた。

しかし、2021年の数値は、2019年に記録された5兆7500億円より依然として約20%低い。

日本デパート協会は火曜日公式販売データを発表する予定だ。

昨年は、感染症のため、デパートのオペレーターが一時的に店舗を閉鎖し、許可された顧客の数を制限するなど、ウイルスに対する対策を継続する必要がありました。

流動人口が減少する中、デパートは時計、宝石、高級ブランド製品など名品販売好調で裏付けられた。

ある大型デパートの関係者は「(ファンデミックで)旅行を行えなかった金持ちが贅沢品をもっと買った」と話した。

政府が昨年9月末、コロナ19緊急事態を完全に解除した後、歩行量が回復し始めた。

すべての主要デパートのオペレーターは、雪の休日のショッピングシーズンをよく過ごしました。

しかし、オミクロンコロナウイルスの亜種が広がるにつれて、顧客レベルが再び低下し始め、2022年の売上が減少しました。

日本のデパート売上は1991年9兆7130億円を頂点に下落傾向を続けており、カジュアル衣類チェーンユニクロなど専門店の登場とオンラインショッピングの増加により日本のデパート売上は減少している。

昨年の売上4兆4000億円は高度経済成長期が終わった1976年水準に近づいた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ビーガン待機お盆、日本のカレー、おにぎり、ケンチン退屈を提供する本格的なレストランオープン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close