日本のトップ企業が平均給与引き上げに5.58%同意したと企業ロビーが明らかにした。

1 min read

杉山健太郎

東京(ロイター) – 去る3月終わった年次労使会談で日本最高企業が平均5.58%の賃金引き上げに合意したと軽鍛練企業ロビーの予備資料が月曜日に現れた。 これは33年ぶりに最大の賃金引き上げを意味する。

今年の春土賃金交渉平均賃金引き上げ率は昨年の最終確定引き上げ率3.99%を超え、1991年5.6%に近づいた。

賃金引き上げは、日本の慢性的な労働力不足と従業員が消費者物価の上昇に対処するのを助けるための努力を反映しています。

「スント」または「春労働攻勢」と呼ばれる年俸交渉は、日本企業の特徴の一つです。 日本企業では、労使関係が他国に比べてより協力的な傾向があります。

日本最大の労働組合であるレンゴは、日本企業が今年の賃金を5.17%引き上げることに合意したと明らかにした。 これは2013年以降、比較可能なデータで最も大きな印象だ。

Keidanrenの調査は、22の部門で500人以上の従業員を持つ244の大企業を対象としています。 予備データは16部門89社から導出された。 最終データは7月末に発表される予定だ。

(基材杉山健太郎、文山崎真子、編集キム・チャンラン、ベルナデット・バウム)

READ  イリジウムサービス、日本で規制当局の承認取得
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours