技術

日本のトヨタ、いすゞ、日野、トラック技術提携

日本の自動車メーカーであるToyota、IsuzuおよびHinoは商用車でのパートナーシップを結んで電気、水素、コネクテッドと自律走行技術分野で協力します。

日本の自動車メーカーであるトヨタ、いすゞ、日野は水曜日、電気、水素、コネクテッドと自律走行技術分野で協力するために、商用車分野でのパートナーシップを締結すると発表した。

トヨタが買収したいすゞの普通株式3,900万株は、428億円(約4億ドル)の価値がある。 Isuzuは同じ価値のToyota株式を買収すると彼らは言った。

トヨタ、いすゞ、日野の協力は、水素インフラを構築して排出量を削減し、オンライン情報共有と、より効率的な配送を介して国の運転不足の問題を解決するように設計された。

トヨタ章男トヨタ社長は、オンラインで放送された記者会見で、「最近では、適切な方法は何なのかを把握するのは難しい」と述べた。

「私たちは、一度試みた次の再試行する必要があります。 それは繰り返しのプロセスによってToyotaが付いていることを達成しました。」

三社は、電気自動車、燃料電池自動車、自律走行やトラック用の電子プラットフォームを開発してコストを削減し、生態インフラストラクチャを促進し、交通安全を向上させる計画です。

片山正則いすゞ社長は「私たちは、より良い社会を作るためには、企業が技術革新が必要です。

いすゞ、日野、トヨタは、相互の株式を保有していることに加え、東京のCommercial Japan Partnership Technologies Corp.という会社を共同で設立し、パートナーシップを促進し、技術とサービスを計画している会社の社長は、オンラインニュースに一緒に出演した。 会議。

資本金1千万円(93,000ドル)で、新しい会社は、トヨタが80%、いすゞと日野がそれぞれ10%を所有することになる。

日野社長のYoshio Shimoは「この新しいフレームワークは、社会の課題を解決するために役立つ、特定のステップです。

トヨタ – いすゞ – 日野アフィリエイトの主要プロジェクトは、2011年3月、津波、地震、原発災害で被害を受けた福島県で開発中の「水素ベースの社会」のモデルに燃料電池車を導入することです。

豊田はそれ以来、毎年3月に日本東北部での3大災害を記念するために行ったと述べた。 今年、彼はまだ放射能で汚染された福島の奈美恵の村を訪問して、水素社会の努力が地域再建に貢献することを希望します。

「私たちは、人々が物事をより簡単に持ち運びできるようにしたいと思います。」とToyodaは言いました。

水曜日東京取引でToyotaの株価は2.2%下落した一方、Isuzuの株価は5.4%上昇しました。 日野の株式はほぼ1.0%下落したのに対し、ベンチマーク日経225は2%下落しました。

Yuri KageyamaはTwitter https://twitter.com/yurikageyamaにあります。

READ  [빠즈도라]10月の新キャラクター&パワーアップクリーンアップ! 強力なほどの欠点も大きな技術が登場!? | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close