スポーツ

日本のトヨタはより多くの電気モデル、投資を約束します – Boston News、天気、スポーツ

東京(AP) – 日本の自動車メーカートヨタが電気自動車のラインナップを強化し、2030年までに30の新しい完全電気モデルを提供すると、豊田明夫社長が火曜日に語った。

トヨタ自動車は、2030年までに世界的に350万台の電気自動車を販売する計画だと、彼は2030年までに世界的に年間200万台の無公害水素およびバッテリー電気自動車を販売する計画だと明らかにしました。 。

豊田は、あらゆるサイズのスポーツユーティリティ車、ピックアップトラック、スポーツカーなど、「beyond zero」の略である「bzシリーズ」という電気モデルの全ラインナップを約束しました。

豊田は東京ショールームで記者たちに、未来に約束された12個以上のEVモデルとともに舞台に立って「私たちは美しい惑星を離れ、未来世代に多くの笑顔をもたらすことができます」と話しました。

彼の発言は、業界が電気自動車に転換する上で後発走者という評判を覆す会社の決意を強調します。

トヨタはハイブリッド技術と近年、車両用水素燃料電池分野の先駆者としての役割に誇りを感じています。

豊田氏は、プリウスハイブリッド、レクサス高級モデル、ミライ燃料電池自動車のメーカーが様々なオプションを提供したいと述べた。

彼はトヨタが気候変動と炭素排出の世界的な恐怖に対応しなければならないと強調しました。

豊田は同社の高級ブランドレクサスが2035年までに世界的に完全電気自動車になると述べた。 2030年まで、米国、ヨーロッパ、中国市場でその目標を達成することを目指しています。

また、火曜日の会社は今年初めに発表した1兆5千億円(132億ドル)で、バッテリー研究開発への投資を2兆円(176億ドル)に増やしました。

ハイブリッドなどの他のグリーン技術を含めると、トヨタは2030年までに8兆円(700億ドル)を投資すると発表した。

今月初め、トヨタはノースカロライナ州グリーンズボロ近くに13億ドル規模の電気自動車バッテリー工場を建設する計画だと発表した。

トヨタの完全電気スポーツユーティリティ車両「bZ4X」は、来年世界中で販売される予定です。

トヨタは、自動運転、持続可能なエネルギー、住宅用ロボット工学をテストし、披露できるように設計された富士山の近くに未来都市を建設しています。

GlobalDataの自動車編集者であるDavid Leggettは、トヨタは、劇的な技術と社会的変化に対抗しようとしたと述べた。

LeggettはAssociated Pressに、「企業は10年、20年、30年後に需要がどのように見えるか、そして予測可能な期間にビジネス計画に戻る経路について考えなければなりません」と述べました。

熱心なレーシングドライバーであり、会社の創設者の孫である豊田は、過去にEVを「商品」と見なし、過去にはあまり興味がなかったことを認めました。 しかし、彼はトヨタが開発中の車両について興奮していると述べた。

「より安全で速く、より運転が楽しいです。 ドライバーとして言える」と話した。

(Copyright (c) 2021 The Associated Press. All Rights Reserved. この資料は出版、放送、再作成、再配布できません。)

受信トレイで最新のニュースを見るには、ニュースレターに参加してください。

READ  チームカナダのCEOが北京ゲームを心配していることを認める

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close