スポーツ

日本のトライアスロンの観衆、観客禁止拒否

蒸し暑い暑さと観客禁止にもかかわらず、土曜日、東京の街には、オリンピックトライアスロンを間近観覧の機会を得るために多くのファンが殺到しました。

COVID-19の拡散を防止するために、東京オリンピックのほとんどの競技場で観衆を許可していません。 これにより、選手たちは散らばっているボランティアや国の代表団を除いては、空の観覧席の前競争しました。 しかし、土曜日に東京ウォーターフロントのお台場海洋公園で多くの群衆が通りに並んで立って試合を見るために道端に集まらなという標識と角笛を持ってオリンピックスタッフを無視しました。

サイクリングが好きな菱田恵一(38)氏は、「本当にここに来るべきではないした今回の機会を逃す後悔らしくすることにした」と語った。 マスクをした観客は階段や高価報道であふれ出て写真を撮って選手たちを見るために首をすくめた。 いくつかは、パラソルを持って、多くの人々は、暑い夏の暑さと太陽からの帽子を書いた。

日本がオリンピックで見せた強い姿(現在の中国に続き、メダルtally.htmlで2位)は、ファンデミク状況で人々がオリンピック開催についてはまだ心配しているにもかかわら投票率を高めるのに役立ち可能性があります。 東京に住んでいる48歳の保坂ゆかり(Hosaka Yukari)マラソンランナーは、「選手たちがあまりにもハードに働いて、最初はオリンピックに反対したが、最終的にはおくれる人がいると思います。」と言いました。

英国は、第1回トライアスロン混合リレーの金メダル、アメリカは銀メダル、フランスは銅メダルを獲得しました。 家にいろ

菅義偉首相は、日本の家に滞在し、TVでオリンピックを視聴よう呼びかけました。 他の場所で見ることができる、厳しい封鎖とは異なり、東京はレストランの営業時間の通行止めと主流の提供を含む緩い緊急事態に直面しています。 しかし、それはほとんど自体執行に依存して、当局は、人々を路上でコマンドできません。

運動選手とオリンピックの訪問者は、コロナウイルスの定期的なテストで「泡」にとどまったが、東京の住民は、特に若い人たちは、外出中です。 土曜日東京の新規感染者は、最初に4,000人を超えました。

泡の内部で、主催者は、7月1日以降五輪に関する総241人の感染を報告しており、ごく少数の数万人が訪れました。 Shunya Arai(49歳)は、群衆の中にあれば、感染の危険があることを認めながらも、都市で夜遅くマスクなし酒を飲む人も見ました。

彼は「リスクを減らすことが優先されるべきだと考えている」と述べた。 「優先順位はどのように決めて作るのですか?それは私が質問する次第です。」

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Larinは引き続きネットを検索し、カナダが米国を相手に1-1の引き分けを達成するために助けた。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close