Breaking News

日本のネットフリックスライバルが先駆け、CEO、日本最高金持ちの一つとしてデビュー

1 min read

この物語はForbes Asia 2024年6月号に掲載されました。 フォーブスアジア購読

この話は、Forbesが報じた2024年の日本最高金持ちランキングの一部です。 全リストを見る ここ

ネットフリックスのライバルストリーミングサービスで日本市場シェアを継続的に高めている宇野康秀が11億3千万ドルの財産を持ってデビューしました。

彼の ユネクストホールディングス以前にUsen-Nextと呼ばれたのは、8月までに会計年度に売上3,160億円に純利益が1/3以上増加した147億円(9,400万ドル)に達すると予想しています。 これは4年連続の収益と売上成長によるものです。 過去12ヶ月間に株価が55%上昇し、投資家の歓声を受けました。

同社は多くのビジネスで国内市場シェア1位を占めており、収益の3分の1は加入者(購読販売ストリーミング部門2位)で発生し、残りは決済、通信、電気、クラウドビジネスサービスで発生します(ホテル、病院などで使用する自家精算機現場別1位)

CEOの故人となった父親であるMototadaは、小売店やレストランにパイプバックミュージックを提供するために1960年代初頭に大阪で会社を立ち上げました。 宇野は1998年家族の一員になる前に成功しました。 彼は一時的な人材採用会社であるIntelligenceを共同設立し、同社は2013年に日本の職業紹介所Persol Holdingsが買収しました。

READ  日本、リチウム、主要鉱物プロジェクト費用の半分の支援
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours

韓中日三国首脳会談でリセットを求める – The Diplomat

暫定桟橋の損傷による米国のガザ地区海上救援物品輸送の中断