技術

日本のハイテクスタートアップ、防災分野への進出



2021年3月30日に東京で撮影されたこの写真は、災害に使用される携帯用のリサイクル水処理装置であるWota Boxの横にあるWota Corp.の社長であるYosuke Maedaを示しています。 (教徒)

KUMAMOTO(Kyodo) – スタートアップ企業は、技術力と被災地の実際のニーズに対応する商品やサービスを迅速に開発する能力を活用して、防災や減の分野でますます存在感を固めています。

Wota Corp.は、2019年の携帯用リサイクル水処理装置を発売しました。 Wota Boxという名前でシャワー、手洗い、洗濯後の排出される水の98%を再利用することができます。 人工知能技術で管理されている水質を介してウォーターボックスは、水の供給が遮断されたときに飲むことができる水を提供しています。

20以上の地方政府で災害発生時に使用可能なデバイスを導入しました。

2016年、日本の南西部の熊本県と大分県の一連の地震が発生したとき、東京の大学で分離されたスタートアップ避難所でシャワーを提供するために使用Wota Boxのプロトタイプを取得するために資源ました。

避難民の好意的な反応に促されたWotaは2018年西日本に大雨が運転した時の避難所に同様のシャワーを設置しました。 それにもかかわらず、問題が発生しました。 装置を動作するように動作する方法に精通した人が必要でした。

したがってWotaはAIシステムを改善して、ユーザーに、より身近にしました。 2020年7月に熊本県鹿児島県で大雨洪水が近づいた時の避難所の従業員は、会社の指示を受けてWota Boxを使用することができました。

Wotaの社長であるYosuke Maedaは、災害にこれを配置した経験がWota Boxを「より社会的に有用にしました」と言いました。

東京に拠点を置く別のスタートアップであるKokua Inc.は消火器や生存式などの緊急用品のカタログベースのマーケティングを開始しました。

コクああの泉優作社長は「災害がいつ起こるかは誰もわからないので、一部の人々は非常用品を買う気にする」と述べた。 「しかし、人々が選択することができるギフトとして作成すると、結果の災害についてもっと知ることができる機会を与えられます。」

泉は、人々が移動したり、新しい家を建てるときの贈り物として非常用品の需要が増加していると述べた。

兵庫県神戸で生まれた泉は、1995年に阪神大震災を経験し、2011年の東日本大震災と西日本の降雨災害に続き、ボランティアとして働いた。

彼はボランティアとして働いていた人たちと一緒にKokuaを設立しました。 彼らは災害被害者から直接聞いた経験をもとに、緊急用品のラインを開発した。

東京のイベントマネジメントスタートアップIkusa Inc.は自治体や企業を対象としたスポーツフェスティバルを企画し、参加者が運動競技、トラブルシューティングゲーム、生存式を楽しみながら災害防止のノウハウを学ぶことができます。

矢野研究所によると、緊急用品市場で確保された食品の価値は、2015年会計年度143億円で2024年度に278億円(2億2,200万ドル)に増加すると予想されます。

日本の研究所の新興企業に精通しているヒロノブ東研究院は、政府が連続自然災害とコロナウイルス感染症の結果としてリスク管理プロセスの対応を急いでいると言いました。

難しい災害関連の課題を解決するために、使いやすいツールを提供するために上手な政府とスタートアップの間の共同の努力が増加すると彼は言った。

READ  Oculus Quest 2を使用して簡単に仮想生放送! VARK LIGHT STAGEサービス概要のご案内

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close