技術

日本のバーガーチェーン、従業員がロボットにリモート操作が可能

TOKYO – 日本のMos Burgerファンは今、従業員と対面していなくても、食事を注文して、テーブルにインポートすることができます。 しかし、今月のロボットイニシアチブには、目に見えるものよりも多くのものがあります。

ロボットのオペレータは、親会社の東京本社にあるハンバーガー店の中にもなくても近くにもいない。 7月に同社は、数百キロ離れた日本の北部、秋田県に住んでいる人が運営するリモートサービスをテストした。 オペレータは、体を衰弱にする病気を患っています。

パイロットプログラムは、8月末まで運営されますが、東京に上場されたMos Food Servicesは、ファンデミクに打撃を受けた経済が再び開かれるときに予想される従業員の不足のために1つの可能なソリューションで結果を評価することです。

OriHime Porterサービスロボットは、皿を保管できる棚があり、食事を台所のテーブルに移動します。 顧客はまた、地元の会社であるOry Laboratoryと協力して導入したロボットのオペレータと対話することができます。

神話でOrihimeはまた、天の川によって彼女の牧童恋人と別れた星交差織り少女の名前です。

ロボットは、モスバーガーのリモートサービス最初の実験ではない。 リモート勤務の従業員は、2020年11月に東京本社の店舗で披露した特別セルフチェックアウトシステムを介して、顧客に直接サポートを提供することができます。 このシステム自体は、顧客が注文時にリモートの従業員とチャットできるように、2020年7月にリリースされたパイロットのアップグレードです。

OriHime Porterは、東京品川区にある本社がある建物内の店舗で8月末まで平日午後2時から5時までの間に動作します。

READ  Apple PayはすぐにBARTとMuniで動作します - TechCrunch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close