理科

日本のパソナ、海外IT人材在宅勤務導入

日本の従業員の雇用会社であるパソナグループ(Pasona Group Inc.)は、コロナウイルス感染症に起因する旅行制限の中で、在宅勤務をする、海外ITエンジニアを日本企業に紹介することに重点を置いたサービスを来月発売すると発表した。

先週の火曜日のプレスリリースによると、Pasonaは11月1日からインド、韓国、ベトナムなどの国では、IT分野の熟練した人々を対象に、国境を越えたリモート人的資源サービスを開始します。

Pasona Group Inc.は、2021年4月1日兵庫県淡路島での主要な従業員機関に入社した学生のための入学式を開催します。 (教徒)

採用エージェンシーは3年の間に約300人のIT専門家を日本企業に接続することを目的としていると明らかにした。 同社によると、スマートフォンアプリの開発や、Webサイトの構築などの作業は、日本企業から直接またはPasonaの現地事務所を通じて、従業員に委任されます。

経済産業省の2019年の調査によると、日本は2030年までに最大79万人のIT人材不足に直面すると予想される。

Pasonaによると、日本ベースの企業の外国人採用への関心が増加しているが、COVID-19感染症に伴う旅行の制限により、国内企業が海外での従業員を連れて来ることが詰まっている。

この人材派遣会社は、人材の確保のために、地域の科学大学と協力して、すでに存在するか、拡張を計画しているアジア市場のIT人材を主に対象とすると言いました。

READ  学生のためのライブパネル:気候の危機に対処する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close