スポーツ

日本のパラリンピックプログラムの95%がCOVID-19急増の影響を受けます。

最近、日本でコロナ19事例が急増し、東京パラリンピックの選手との交換プログラムを主催する計画的な都市や町の95%がプロジェクトをキャンセルしたり、形式を変更しなければなら共同通信が木曜日発表した。

内閣府が主催する社会的受容増進事業に支援した101個の地方自治団体のうち36%は、イベントを中止し、59%は、オンラインや他のコミュニケーション手段を使用することを決定した。

東京パラリンピック聖火式今月末に開幕する大会を控えて2021年8月18日、日本の東千葉県市原市で行われる。 (教徒)==教徒

7月末から8月中旬まで都道府県と市町村を対象に実施したアンケート調査によると、99の地方自治体の応答を受けた地方自治団体は、2%に過ぎなかった。

プログラムをキャンセルしたり、変更した人のうち37%は、潜在的な副作用が懸念されると言いました。

いわゆるホストタウンでは、参加者がパラリンピックスポーツを体験できるワークショップと障害者への理解を促進する目的とする過程などの関連プログラムを組織しました。

そのうち9%だけキャンセルされ41%はコロナウイルス感染症が原因で縮小または延期されたが、残りは影響を受けなかった調査結果が出ました。

全世界で数千人の選手が参加する13日間のパラリンピックが火曜日に開始されます。 一方、東京はCOVID-19緊急事態を維持しており、ファンデミク期間中のゲームを開催することについて国民の懸念が続いています。

調査によると、地方政府の47%は反対の声の中で、パラリンピックを開催することが包容的な社会の構築に向けたモメンタムを妨害することができると強くしたり、多少不安を示している。

READ  裁判所の判決で、オーストラリアの水泳選手のジャックが再び競争することができている| バッファロースポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close