スポーツ

日本のパラリンピック代表、試合のキャンセル要求は「非常に不幸である」、スポーツニュース

日本のパラリンピック委員会委員長は、日曜日(5月16日)、東京主催者がパラリンピック開幕100日を記念するイベントを開催しながら、夏季オリンピックキャンセル要求が「非常に残念だ」と話した。

授賞式の一環として、東京パラリンピックのマスコットSomeityは東京都庁でパラリンピックのシンボルを公開するのに役立ちました。

日本のパラリンピック委員長トリ原光則など東京支社小池百合子などが演説をして歌舞伎役者の市川エビ条公演が続いた。

日本はコロナウイルス感染の急増と格闘しており、世論調査によると、日本人の大多数は、今年の夏に開催されるオリンピックに反対することを示している。

トリ原さんは「市民がオリンピックとパラリンピックの興奮と言うこと聞かないだけでなく、人々がオリンピックをキャンセルしなければならないというニュースがされている。これは非常に不幸なことだ」と語った。

「今重要なのは、政府、東京、組織委員会および関連団体が一緒に集まって、日本内外で、私たちが準備するために最善を尽くしていることを分かりやすく伝えているということです。COVID-19対策を徹底して、安全で安全なゲームのために

大流行で、1年延期された東京オリンピックは7月23日〜8月8日、パラリンピックは8月24日〜9月5日に予定されている。

READ  Megan Rapinoeは、将来のことを考えているのに「時間がかかる」ことです。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close